生年月日データベース

大田卓司おおたたくじ

プロ野球選手[日本]

1951年 3月1日

大田 卓司(おおた たくじ、1951年3月1日 - )は、大分県津久見市出身の元プロ野球選手(外野手)・監督、野球指導者である。
来歴・人物 津久見高校では、通算打率4割2分、本塁打17本をマーク、遠投が100㍍、走力は100㍍12秒台と強打、強肩、俊足と三拍子そろった選手だった。
1967年、2年の時に左翼手として春の選抜に出場。
吉良修一の好投もあって決勝に進出。
延長12回の熱戦の末、弘田澄男のいた高知高を2-1で降し初優勝を飾った。
翌1968年の夏の甲子園では主将、中堅手として、エース石井吉左衛門(鐘淵化学)を擁し3回戦に進出するが、盛岡第一高校に敗れる。
同年のドラフト9位で西鉄ライオンズに入団。
1972年に頭角を現わし、外野手として65試合に先発出場、12本塁打を放つ。
その後はやや低迷するが代打などで実績を積み、1976年には開幕から三番、指名打者に起用される。
同年は初めて規定打席(17位、打率.270)に達し、23本塁打を放つ。
同年のベストナイン(指名打者)にも選出された。
1980年からは田淵幸一が指名打者に定着したため、外野手も兼ねて出場。

プロ野球選手・指導者。通称「仕事人」。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は44→25番。 1951年3月1日生まれ。大分県出身。 津久見高校で1967年センバツに出場し、優勝。 1969年、ドラフト9位で西鉄ライオンズに入団。 1976年、太平洋クラブライオンズにて指名打者として一軍定着。同年、ベストナインに選出。 「仕事人」の異名を取り、個性的な打撃フォームで人気を博した。 指名打者として定着、西武ライオンズ4度のリーグ優勝に大きく貢献。 ライオンズ黄金時代の形成に貢献した。 1986年、現役引退。 3度の身売りが行われる中、ライオンズ一筋であった。 1990年、福岡ダイエーホークスの打撃コーチに就任。 ガムが好きで、コーチ時代はベンチでガムを噛んでいる姿がよく見られた。 1996年、フロント入り。 2000年、退団し西日本スポーツの野球解説者となる。 2003年、台湾プロ野球・La Newベアーズの監督に就任。2004年、退団。 2005年、西日本スポーツの野球解説者に復帰。 2007年、韓国プロ野球・SKワイバーンズの打撃コーチに就任。 2008年、東京ヤクルトスワローズの一軍打撃コーチに就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 関連
  • プロ野球
  • エピソード
  • 出演
  • 外野手
  • 大分県
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 津久見
  • 津久見市
  • 監督
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • おおた
  • たくじ
  • マーク
  • 出身
  • 卓司
  • 大分
  • 大田
  • 学校
  • 打率
  • 指導者
  • 本塁打
  • 県立
  • 走力
  • 通算
  • 遠投
  • 野球
  • 高校
  • 高等