誕生日データベース

ルイス・ガースナーLouis Gerstner

経営者、アメリカン・エキスプレス、IBM 元社長[アメリカ]

1942年 3月1日

ルイス・ガースナー(Louis V. Gerstner, Jr. 1942年-)は、アメリカン・エキスプレス会長兼最高経営責任者(CEO)、RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)、IBM会長兼最高経営責任者(CEO)、カーライル・グループ会長を歴任したアメリカを代表する経営者の1人である。
ニューヨーク州ミネオラ出身。
1963年、ダートマス大学を卒業後、1965年、ハーバード大学ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得し、米国マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。
その後、アメリカン・エキスプレス、RJRナビスコ会長兼最高経営責任者(CEO)を歴任し、1993年4月、IBM初となる外部招請の会長兼最高経営責任者(CEO)に就任した。
1991年28億ドルに上る創業初の赤字を計上し、1993年までの3年間で累積赤字総額150億ドルに陥ったIBMを経営再建し、ネットワーク・コンピューティング(1995年)、e-ビジネス(1997年)を提唱した。

■ 関連書籍

Louis V. Gerstner, Jr. 経営者。 1942年生まれ。 ダートマス大学工学部を卒業。ハーバード大学・ビジネススクールでMBAを取得。 経営コンサルタントのマッキンゼー社のディレクター、アメリカン・エキスプレス社、RJRナビスコの会長兼CEOを務めた。 1993年4月から2002年3月までIBMの会長兼CEOを務め、2002年末まで会長職を務めた。 ※ 表記ゆれ:ルイス・ガースナー (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 経営
  • 大学
  • ニューヨーク州
  • アンド
  • カンパニー
  • スクール
  • ダート
  • ハーバード
  • ビジネス
  • マス
  • マッキンゼー
  • ミネオラ
  • 会長
  • 学修
  • 最高
  • 著作
  • 責任者
  • 赤字
  • 関連
  • アメリカン
  • エキスプレス
  • ナビスコ
  • 入社
  • 出身
  • 創業
  • 卒業
  • 就任
  • 招請
  • 歴任
  • 米国
  • 累積
  • 経営者
  • 総額
  • 計上