生年月日データベース

菊田一夫きくたかずお

作家[日本]

1908年 3月1日

1973年 4月4日 死去享年66歳
菊田一夫 - ウィキペディアより引用

菊田 一夫(きくた かずお、1908年3月1日 - 1973年4月4日)は、日本の劇作家・作詞家。
本名は菊田 数男。
娘の菊田伊寧子は作曲家。
生涯 神奈川県横浜市生まれ。
生まれてすぐ養子に出され、生後4ヵ月で両親(西郷姓)に連れられて台湾に渡ったが、まもなく捨てられ、転々と他人の手で養育された末、5歳のとき菊田家の養子になった。
台湾城北小学校に入学したが、学業半ばで薬種問屋に売られ、年季奉公をつとめた。
その後大阪・神戸で小僧をして夜学(実業学校)に学ぶ。
1925年(大正14年)に上京。
印刷工として働くかたわら、萩原朔太郎やサトウ・ハチロー、林芙美子、小野十三郎らと出会い、サトウの世話で浅草国際劇場の文芸部に入る。
そののち、1933年(昭和8年)に古川ロッパらにより、浅草常盤座で旗揚げされた劇団「笑の王国」に座付き作家として迎え入れられ、芝居作者の道に入った。
1935年(昭和10年)劇団が東宝の所属になると共に東宝文芸部の主力となり、戦時中は岩手県江刺市(現・奥州市)に疎開した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

きくたかずお [生]1908.3.1.横浜[没]1973.4.4.東京劇作家,演出家,プロデューサー。本名数男。恵まれない少年時代をおくったのち,詩人たらんと1927年サトウハチロー門下となる。30年浅草玉木座における処女作『阿呆疑士迷々伝』の上演をきっかけに以後,劇作家として活躍。金竜館,オペラ座,常盤座など浅草を本拠に,いわゆる爆笑喜劇を,榎本健一,古川緑波,徳川夢声らのために書き続けた。36年ロッパ一座に招かれて東京宝塚劇場(現東宝)の嘱託となり,『花咲く港』など多くの佳編を上演した。55年に小林一三の招きで東宝の演劇担当重役に就任,57年に東宝芸術座を創設。59年に開幕した『がめつい奴』は日本演劇史上初のロングランとなった。その成果により60年菊池寛賞,61年芸術選奨受賞。また,63年東宝劇場で『マイ・フェア・レディ』を制作・上演し,ミュージカル・ブームに火をつける。66年には新装開場した帝劇で『風と共に去りぬ』を世界で初めて劇化,上演。さらに70年それをミュージカル化した『スカーレット』を同劇場で,次いでロンドン,パリで公演した。代表作はほかに『放浪記』,『がしんたれ』など。東宝演劇の一時代をつくった。ラジオでも活躍し,連続放送劇『鐘の鳴る丘』『君の名は』は空前のヒットとなった。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 作品
  • 俳優
  • 候補
  • 受賞
  • 寧子
  • 横浜市
  • 田伊
  • 神奈川県
  • 著書
  • 記念館
  • 両親
  • 作曲家
  • 作詞家
  • 右側
  • 奥州市
  • 岩手県
  • 拡大
  • 数男
  • 本名
  • 生後
  • 菊田
  • 西郷
  • 養子