生年月日データベース

森泰吉郎もりたいきちろう

森ビル 創業者[日本]

1904年 3月1日

1993年 1月30日 死去享年90歳

森 泰吉郎(もり たいきちろう、1904年〈明治37年〉3月1日 - 1993年〈平成5年〉1月30日)は、日本の実業家、および経営史学者である。
森ビルの創業者として知られ、学者として横浜市立大学商学部長・教授を務めた。
東京市芝区南佐久間町(現・港区)で、米屋のかたわら貸家業を営む家庭に生まれる。
幼少期は病弱だったため、人情深い大家だった両親に大事に育てられたという。
大倉高等商業学校を経て、旧制東京商科大学(現一橋大学)に進んだ。
賀川豊彦の『死線を越えて』やマクシム・ゴーリキーの『母』に感動し、一方で自分が不労所得を得る地主階級である事に懊悩したが、大学で上田貞次郎の「企業者は公共社会への貢献を使命としている」という所説に接してアイデンティティーの確立に大きな影響を受けたという。
また、1923年の関東大震災で実家の所有物件がほとんど倒壊した際には焼け跡の整理を手伝いながら、災害に強いコンクリート造への建て替えを進言している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

もり-たいきちろう 1904-1993昭和後期-平成時代の経営者,商学者。明治37年3月1日生まれ。昭和24年横浜市立大教授,29年同大商学部長。34年森ビルを設立し,社長。東京虎ノ門,新橋地区にオフィスビルを集中的に建設したほか,アークヒルズ,ラフォーレ原宿などを完成させ,同社を貸しビル業界の大手にそだてた。平成5年1月30日死去。88歳。東京出身。東京商大(現一橋大)卒。著作に「日本蚕糸業発達史」。【格言など】一度とりかかったら途中でやめない。どんな状況下でもチャンスはある(再開発への信念) (引用元 コトバンク)

「森泰吉郎」と関連する人物

連想語句
  • 経営
  • 港区
  • トラスト
  • ホールディングス
  • 信仰
  • 学者
  • 学部
  • 実業家
  • 家族
  • 思想
  • 手法
  • 教授
  • 東京
  • 東京都
  • 森ビル
  • 横浜市立大学
  • 西新橋
  • 資産
  • 関連
  • 佐久間町
  • 出馬
  • 創業
  • 学内
  • 学長
  • 抗争
  • 日本
  • 町名
  • 結果
  • 退職
  • 選挙