誕生日データベース

大崎昭一おおさきしょういち

競馬騎手[日本]

1945年 1月15日

大崎 昭一(おおさき しょういち、1945年1月15日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の元騎手で、現在は競馬評論家。
宮崎県延岡市出身。
記者の質問に対して弱気のコメントをすることが多く「泣きの昭ちゃん」と言われたが、レースでは激しく大胆な騎乗ぶりで東京優駿(日本ダービー)、有馬記念をそれぞれ2勝するなど名手として活躍した。
しかし、度重なる落馬事故により満身創痍であった。
また、1985年の新潟事件(後述)による影響が非常に大きく、多くの騎乗機会を失った。
1999年引退。
中央競馬通算970勝(うちGI級レース8勝)。
実子の大竹正博は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の調教師である(2008年調教師免許試験合格、2009年3月1日新規開業)。
1963年 柴田寛厩舎所属騎手としてデビュー。
同期に安田伊佐夫、久保敏文、清水出美、鹿戸明などがおり、安田とは同じ列車で馬事公苑入りした。
障害では、この年1度目の中山大障害を制していたフジノオーに騎乗し2勝を挙げている。

■ 関連書籍

タイトル
野道の草―ハンセン病絶対隔離政策に真向かった70年
著者
宇佐美治
発売元
みずほ出版
発売日
2007-11
新品価格
より
中古商品
より
連想語句
経歴調教師レース中央競馬久保敏文事件大竹正博安田伊佐夫新潟有馬清水出美編集美浦記念評論家通算馬事公苑騎乗鹿戸明うちことそれぞれコメントセンターダービートレーニング事故免許合格同期名手多く実子引退弱気影響後述成績所属新規日本時代東京優駿機会活躍満身創痍目次競馬脚注落馬記者試験質問開業騎手

↑ PAGE TOP