誕生日データベース

吉村作治よしむらさくじ

考古学者[日本]

1943年 2月1日

吉村 作治(よしむら さくじ、1943年2月1日 - )は日本の考古学者、博士(工学)、早稲田大学名誉教授。
サイバー大学客員教授。
東日本国際大学専任教授・学長。
早稲田大学人間科学部教授、国際教養学部教授、サイバー大学学長(任期満了に伴う退任。
2011年4月1日付で同客員教授に就任)を歴任。
1969年、早稲田大学第一文学部卒業。
元アラブゲリラ隊員(自称)。
1999年早稲田大学理工学部で博士(工学)取得。
なお、それ以前に、ディプロマミルとされるパシフィック・ウエスタン大学より考古学博士号を購入していたことが発覚している。
長女はエジプトで活躍する女優の吉村佳南(よしむら かなん)。
日本におけるエジプト考古学の第一人者で、衛星写真分析などのハイテクを導入した調査方法で遺跡を発掘する手法が評価されている。
留学と発掘調査、研究などでエジプトでの生活が長く、元妻もエジプト人である。
パレスチナの難民キャンプやゲリラの訓練キャンプへの取材も行った経験もあり、大変なアラブ通である。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 教授
  • 早稲田大学
  • 大学
  • サイバー
  • 学部
  • 学長
  • ゲリラ
  • 客員
  • ウエスタン
  • エジプト
  • ディプロマ
  • パシフィック
  • ミル
  • 人間
  • 佳南
  • 写真
  • 博士
  • 吉村
  • 名誉教授
  • 国際
  • 専任
  • 工学
  • 教養
  • 文学部
  • 東日本国際大学
  • 理工
  • 科学
  • 考古学
  • 衛星
  • 遺跡
  • かなん
  • よしむら
  • アラブ
  • ハイテク
  • 任期満了
  • 分析
  • 卒業
  • 博士号
  • 女優
  • 導入
  • 就任
  • 手法
  • 方法
  • 日本
  • 歴任
  • 活動
  • 現代
  • 発掘
  • 発覚
  • 第一人者
  • 自称
  • 評価
  • 調査
  • 購入
  • 退任
  • 長女
  • 隊員