生年月日データベース

林郁夫はやしいくお

犯罪者オウム真理教事件実行犯[日本]

1947年 1月23日

林 郁夫(はやし いくお、1947年1月23日 - )は元オウム真理教幹部。
元医師。
教団が省庁制を採用した後は治療省大臣だった。
地下鉄サリン事件の実行犯。
ホーリーネームはクリシュナナンダ。
同教団幹部であった同姓の林泰男(後に小池に改姓)と縁戚関係はない。
生い立ち 1947年、品川生まれ。
父親が医師、母親が薬剤師の開業医の家に生まれた。
小さい頃から思いやりのある子といわれ、人助けがしたくて医師の道を選ぶ。
専門は心臓血管外科。
慶應義塾大学医学部に在籍していた。
医師時代 アメリカ合衆国に渡り、病院で勤務していた。
のちに退職して日本に戻り、栃木県済生会宇都宮病院、国立療養所晴嵐荘病院(現・茨城東病院)、慶應義塾大学病院などに勤め、同病院での勤務時代には心臓外科の名医として石原裕次郎の手術チームの一員でもあった。
臨床医として癌などの死病の患者と接するうちに、現代医学や科学が乗り越えられない「死」に対して深く考えるようになる。
1977年、桐山靖雄の本に感化され、阿含宗の正式な信徒となり、約12年在籍したが、自身の修行の成果が出ないと悩んでいた。

■ 関連書籍

連想語句
  • 愛知県
  • 政治家
  • 市町村長
  • 市長
  • 知立
  • 知立市