誕生日データベース

新実智光にいみともみつ

犯罪者オウム真理教事件実行犯[日本]

新実 智光(にいみ ともみつ、1964年3月9日 - )は元オウム真理教幹部。
ホーリーネームはミラレパ。
教団内でのステージは正大師で、教団が省庁制を採用した後は自治省大臣だった。
愛知学院大学法学部卒。
1986年のオウム真理教の最初に開かれたセミナーから出席し、宮前一明や大内利裕と並ぶ古株。
坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件の実行犯。
地下鉄サリン事件では運転手役。
2010年2月に死刑が確定。
高校時代 学生時代は、その風貌から「空海」というあだ名をつけられたこともあった。
友人にも恵まれ学生生活も楽しむが、高校生時代に地元の駅で目撃した2度の自殺事故に衝撃を受けてから「死とは何か」を考え、精神世界に興味をもつようになり、多くの宗教団体に入信する。
麻原の言う「苦を感じなければ修行の道に入らない」との鉄則を高校時代から感じていた。
これは生まれつき口唇に傷があったため、その傷を「苦」と感じていたためである。
高校時代に、その団体に入れば傷や病気が治ると信じ、ある宗教団体に入信するが、教義は「入信しない者の魂は、神の意思によって滅ぼされる」というものであった。
連想語句
オウム事件真理教一家一明体験出家地下鉄サリン事件坂本大内利裕実行犯少年弁護士時代松本サリン事件死刑殺害省庁神秘裁判関与関連ステージセミナー出席古株大師大臣宮前岡崎採用教団日本最初確定自治省運転手階級

↑ PAGE TOP