生年月日データベース

副島孔太そえじまこうた

プロ野球選手[日本]

1974年 5月17日

副島 孔太(そえじま こうた、1974年5月17日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
来歴・人物 少年野球(大田シニアリーグ)の時代から、日本代表に選ばれるなど、アマチュア野球界ではエリートコースを歩んでいる。
桐蔭学園高校では、1年生にしてレギュラーに定着。
2年、3年の1991年と1992年には夏の甲子園に連続出場。
1991年は3年生に高木大成、1年生に高橋由伸を擁して旋風を起こし、3回戦まで進出。
自身は3回戦でラッキーゾーンへの本塁打を放っている。
3年時のチームは打線に厚みが増し、優勝候補筆頭と目されたが、まさかの初戦(甲子園開幕戦)サヨナラ負けを喫する。
この試合では延長戦であわやバックスクリーン直撃となる大飛球の二塁打を放っている。
法政大学時代は、スラッガーとして活躍(大学通算11本塁打)。
1996年の全日本大学選手権では東北福祉大学を破って学生王者となり、同年のドラフト会議でヤクルトから5位指名された。
背番号25。
当時のヤクルト野村監督は、沙知代夫人の所有する少年野球チーム(シニアリーグ)の関係から副島の実力を昔から熟知しており、その影響があっての指名といわれている。

元プロ野球選手。 桐蔭学園高、法政大を経て1996年ドラフト5位でヤクルトに入団。 2002年6月26日戎信行投手とのトレードでオリックスに移籍。 2005年、社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の外野手として入団。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • オリックス
  • プロ野球
  • ヤクルト
  • 内野手
  • 外野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 東京都
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 退団
  • 選手
  • 野球
  • 関連
  • こうた
  • そえじま
  • アマチュア
  • エリート
  • コース
  • シニア
  • リーグ
  • 代表
  • 出身
  • 副島
  • 大田
  • 孔太
  • 少年
  • 日本