誕生日データベース

ナレイン・カーティケヤンNarain Karthikeyan

レーシングドライバー[インド]

1977年 1月14日

ナレイン・カーティケヤン - ウィキペディアより引用

クマール・ラム・ナレイン・カーティケヤン(英: Kumar Ram Narain Karthikeyan, タミル語: நாராயண் கார்த்திகேயன், テルグ語: కాకర్ల నారాయణ కార్తికేయన్, 1977年1月14日 - )は、インド人のレーシングドライバー。
日本で現在多く使用される「ナレイン・カーティケヤン」という表記は英語表記に基づいており、現地のタミル語またはテルグ語の音とは異なる。
初期の経歴 南インドのタミル・ナードゥ州出身、「インドのモータースポーツの中心地」と言われる高原の街コーヤンブットゥールで生まれ育つ。
15歳でフランスに渡りレース競技に身を投じる。
フォーミュラ・アジア等を経て、1998年からイギリスF3に参戦。
1998年はカーリンモータースポーツから10ラウンドのみ参戦し2回の3位表彰台を獲得しシリーズ12位。
1999年は優勝2回、ポール2回、FL3回の活躍でシリーズ6位。
この年のマカオGPでは予選6位、決勝6位となる。
2000年も引き続き参戦し佐藤琢磨に次ぐシリーズ4位の成績を残した。

インド人初のF1ドライバー。 別名「世界最速のインド人」 1977年1月14日生まれ。 15歳でフランスに渡り、フォーミュラ・アジア等を経て、1999年から2年間イギリスF3に参戦。 2001年にはチーム・インパルからフォーミュラ・ニッポン参戦。本山哲とはチームメイトであった。 2002年から3年間、ワールドシリーズbyニッサン(現・ワールドシリーズbyルノー)に参戦。2004年は2勝を挙げ、シリーズ5位となった。 2005年2月1日、ジョーダンからF1デビュー。 2006年はウィリアムズの第2テストドライバー。 その後、A1グランプリやスーパーリーグフォーミュラ、ル・マン24時間レースにも参戦した。 2011年にHRTと契約、6年ぶりにF1レースに復帰する。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • フォーミュラ
  • スーパー
  • レーシング
  • インド
  • カテゴリー
  • グランプリ
  • タミル
  • テルグ
  • ニッポン
  • マン
  • リーグ
  • レース
  • 初期
  • 戦績
  • カーティケヤン
  • ドライバー
  • ナレイン
  • 使用
  • 多く
  • 日本
  • 現在
  • 現地
  • 英語