生年月日データベース

ジャンカルロ・フィジケラGiancarlo Fisichella

レーシングドライバー[イタリア]

1973年 1月14日 生 (満45歳)

ジャンカルロ・フィジケラ - ウィキペディアより引用

ジャンカルロ・フィジケラ(Giancarlo Fisichella 、1973年1月14日 - )は、イタリア、ローマ出身のF1ドライバー。
愛称:フィジコ。
プロフィール F1デビュー レーシングカート時代に頭角を現し、1994年にイタリアF3チャンピオンを獲得。
1995年には旧ドイツツーリングカー選手権(DTM)にアルファロメオで参戦。
F1ベネトンチームのフラビオ・ブリアトーレとマネージャー契約し、1996年、当初すでにペドロ・ラミーのチームメイトとしてフル参戦が決定していた井上隆智穂が突然チームを離脱したため、ミナルディからF1デビューした。
チームの経済事情で8戦のみの出場ながら、非力なマシンでの好走が認められ、ドライバー選考オーディションとなる実走テストを経て1997年にジョーダンに移籍。
チームメイトのラルフ・シューマッハと対立しながらも、表彰台を2度獲得する。
ドイツGPでは初優勝のチャンスを迎えたが、ゲルハルト・ベルガーとの接戦に破れた。
低迷から復活へ 1998年にベネトンに移籍し、アレクサンダー・ヴルツとコンビを組み、オーストリアGPで初ポールポジションを獲得。

■ 映像作品

Giancarlo FISICHELLA F1ドライバー。 1973年1月14日生まれ。 イタリア人。 1994年イタリアF3チャンピオン。 1996年にミナルディ・フォードからF1デビュー。 1997年、ベンソン&ヘッジス・ジョーダンに移籍。 1998年、マイルドセブン・ベネトンに移籍。 2002年、DHL・ジョーダンに復帰。 2003年ブラジルGPでF1初優勝。 2004年、レッドブル・ザウバー・ペトロナスに移籍。 2005年、マイルドセブン・ルノーに復帰。 同年、オーストラリアGPで優勝。 2006年、マレーシアGPで優勝。 2008年、フォース・インディア・F1チームに移籍。 2009年、イタリアGPから、スクーデリア・フェラーリ・マールボロに移籍。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 引退
  • シリーズ
  • スポーツカー
  • チーム
  • デビュー
  • フェラーリ
  • フォーミュラ
  • プロフィール
  • マン
  • ルノー
  • レース
  • 低迷
  • 余談
  • 復活
  • 戦績
  • 時代
  • 移籍
  • 電撃
  • インターコンチ
  • ネン