生年月日データベース

毒島章一ぶすじましょういち

プロ野球選手、スカウト[日本]

1936年 1月14日

毒島章一 - ウィキペディアより引用

毒島 章一(ぶすじま しょういち、1936年1月14日 - )は、群馬県桐生市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ、解説者。
戸籍上の登録は「毒嶌」。
「ミスターフライヤーズ」と称された。
来歴・人物 プロ入り前 桐生高校では1951年夏の甲子園に控え投手として出場するが、1回戦で県和歌山商に敗退。
2年上のチームメートに一塁手の中静唯八(西鉄)がいた。
高校ではノーヒットノーランを達成したこともあるが、肘を痛めてしまう。
また左打者になったのも高校時代である。
現役時代 1954年に東映フライヤーズへ入団。
同年の開幕直後は三塁手として起用されるが、すぐに外野手に回りレギュラーを獲得する。
1957年には打率.307(ベストテン3位)を記録、翌1958年にも打率.306で中西太に次ぐベストテン2位に入る。
1962年のリーグ初優勝に貢献、阪神タイガースを日本シリーズで降し日本一に輝く。
同シリーズでは全試合に先発するが、29打数3安打1打点と真価を発揮できなかった。

プロ野球、東映フライヤーズの選手。 通称「三塁打の毒島」「ミスターフライヤーズ」。 右投左打、ポジションは投手→外野手。背番号は33番。 1936年1月14日生まれ。群馬県出身。 桐生高校では投手としてノーヒットノーランを達成。 1954年、東映フライヤーズに入団。 入団後すぐに外野手に転向し、1番打者として活躍。 外野の間を抜く巧打が特徴で、三塁打王を4度獲得し「三塁打の毒島」と呼ばれた。 1962年、水原茂監督の下、パ・リーグ優勝、日本一に貢献。 1960年代を代表する外野手として、張本勲と共に中心として活躍した。 また、温厚な人柄で親しまれ、主将としても手腕を発揮。 「駒沢の暴れん坊」と呼ばれたフライヤーズを牽引し、永きに渡りチームを支えた。*1 通算106三塁打は、1985年に福本豊に更新されるまで日本記録、現在は2位。 1971年、現役引退。 フライヤーズの身売りにより、指導者としての球団復帰を望まなかった。 1980年、西武ライオンズのコーチに就任。 1983年、スカウトに転身した。 1987年、西武ライオンズの二軍監督として現場復帰。 1990年、フロント入り。 1995年、西武ライオンズのヘッドコーチに就任し、復帰。 1998年、JSPORTSの野球解説者となる。 漫画「ストッパー毒島」の名前の由来として有名。 マスターズリーグ・東京ドリームスのコーチとしても活躍中。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ野球
  • コーチ
  • プロ
  • 外野手
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 時代
  • 桐生市
  • 現役
  • 群馬県
  • 背番号
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • しょういち
  • ぶすじま
  • フライヤーズ
  • ミスター
  • 出身
  • 戸籍
  • 毒島
  • 毒嶌
  • 登録
  • 章一
  • 野球