誕生日データベース

毒島章一ぶすじましょういち

プロ野球選手、スカウト[日本]

1936年 1月14日

毒島章一 - ウィキペディアより引用
毒島 章一(ぶすじま しょういち、1936年1月14日 - )は、群馬県桐生市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ、解説者。
戸籍上の登録は「毒嶌」。
「ミスターフライヤーズ」と称された。
来歴・人物 プロ入り前 桐生高校では1951年夏の甲子園に控え投手として出場するが、1回戦で県和歌山商に敗退。
2年上のチームメートに一塁手の中静唯八(西鉄)がいた。
高校ではノーヒットノーランを達成したこともあるが、肘を痛めてしまう。
また左打者になったのも高校時代である。
現役時代 1954年に東映フライヤーズへ入団。
同年の開幕直後は三塁手として起用されるが、すぐに外野手に回りレギュラーを獲得する。
1957年には打率.307(ベストテン3位)を記録、翌1958年にも打率.306で中西太に次ぐベストテン2位に入る。
1962年のリーグ初優勝に貢献、阪神タイガースを日本シリーズで降し日本一に輝く。
同シリーズでは全試合に先発するが、29打数3安打1打点と真価を発揮できなかった。
連想語句
プロ野球コーチプロ外野手年度引退成績打撃時代桐生市現役群馬県背番号表彰解説者記録詳細選手関連しょういちぶすじまフライヤーズミスター出身戸籍毒島毒嶌登録章一野球

↑ PAGE TOP