誕生日データベース

ジュリオ・アンドレオッティGiulio Andreotti

政治家[イタリア]

ジュリオ・アンドレオッティ - ウィキペディアより引用
ジュリオ・アンドレオッティ(イタリア語: Giulio Andreotti、イタリア語発音: [ˈʤuːljo andreˈɔtti]、1919年1月14日 - 2013年5月6日)は、イタリアの政治家。
首相(第27・28・33・34・35・47・48代)、外相、国防相、内相、金融相、国庫相、通商産業工業相、公営企業相、文化財・文化活動相、上院議員(終身)、下院議員(11期)を歴任した。
政界へ ラツィオ州ローマで生まれ、ローマ大学で法律を学んだ。
卒業後の第二次世界大戦後にキリスト教民主主義に入党し、1946年に下院議員に当選した。
19回の入閣 下院議員当選の翌年の1947年に、アルチーデ・デ・ガスペリ内閣の首相府の副長官となって以来、冷戦下におけるイタリア最大の反共保守政党であるキリスト教民主主義の実力者として頭角を現し、1954年1月にはアミントレ・ファンファーニ内閣の内相として初入閣し、以降外相や国防相などの要職を兼任(入閣回数は19回)した。
連想語句
イタリア首相事件ファルコーネマフィアモーロロッジ元首相入閣判事政治家政界文化文化財暗殺活動裁判誘拐議員退任関係・・・・・・上院下院代議企業元老院公営内務省内相国庫国防国防省外務省外相工業晩年歴任産業終身通商金融

↑ PAGE TOP