生年月日データベース

井上章一しのうえしょういち

社会学者[日本]

1955年 1月13日 生 (満63歳)

井上 章一(いのうえ しょういち、1955年1月13日 - )は、日本の建築史家、風俗史研究者、国際日本文化研究センター教授。
来歴・人物 京都市出身。
洛星高校、京都大学工学部建築学科卒業、同大学院修士課程修了。
京都大学人文科学研究所助手の後、国際日本文化研究センター助教授となり、現在、教授。
2013年副所長。
1986年『つくられた桂離宮神話』でサントリー学芸賞、99年『南蛮幻想』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。
社団法人現代風俗研究会の中心的存在である。
建築史・意匠論が専門だが、一般には『美人論』で広く名を知られるようになり、一時はよくテレビにも出ていた。
『パンツが見える。
』上梓後は「風俗史に転向した」とも発言している(ただし、建築にまつわる著作はその後も出されている)。
ユニークな視点で広く日本文化について発言している。
著書は建築・美人論・男性論・関西文化論・日本文化論・人形論ほか多くのジャンルにまたがる。
面食いを公言しており、美人論では面食いの正しさを主張。
阪神タイガースのファンとしても知られる。
趣味は41歳からはじめたピアノ。
スマートフォンもパソコンも持たない主義であると公言している。

■ 関連書籍

文筆家(歴史家・人文学者)。建築史・意匠論から風俗史・風俗評論まで、その射程は広い。常に読者の死角へ回り込み、読者の先読みをはぐらかしつつ進む独特の文体は、デビュー作である『霊柩車の誕生』から一貫している。サントリー学芸賞(1986年度。芸術・文化部門。『つくられた桂離宮神話』を中心とした業績による)受賞に際しての論争は、その後の読書界における氏の評価を先取りしている。 基本的情報は、勤務先である国際日本文化研究センターのサイト内紹介頁に列挙されている。 学界とくに建築史学と社会学に対する氏の独特な間の取り方については、講談社学術文庫版『つくられた桂離宮神話 (講談社学術文庫)』における親本への加筆部分を参照のこと。 *リスト: (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 京都大学
  • 京都市
  • 共編
  • 共著
  • 出演
  • 単独
  • 単著
  • 受賞
  • 学歴
  • 洛星
  • 番組
  • 編著
  • 職歴
  • 著書
  • 論文
  • 連載
  • センター
  • 中学校
  • 修了
  • 修士
  • 出身
  • 卒業
  • 大学院
  • 学校
  • 学科
  • 工学部
  • 建築
  • 教授
  • 文化
  • 課程
  • 高校
  • 高等