誕生日データベース

いがらしみきお

漫画[日本]

1955年 1月13日

いがらし みきお(本名:五十嵐 三喜夫、1955年1月13日- )は、日本の男性漫画家。
宮城県加美郡中新田町(現:加美町)出身、仙台市在住。
代表作に『ぼのぼの』『忍ペンまん丸』など。
幼少期に難聴を患う。
そのことが自身の作品や考え方に大きく影響をすることになる。
高校中退後、広告代理店・印刷所勤務を経て、1979年に雑誌『エロジェニカ』に投稿した「80,その状況」で、24歳で漫画家デビューを果たす。
その後、4コマ漫画雑誌に連載された「ネ暗トピア」が大ブレイク。
過激なギャグに加え、予想のつかない展開と奇抜なアイディアなど従来の4コマ漫画の世界にない斬新な内容が評判を呼び、その後も「かかってきなさい」「家宝」など多くの連載と単行本を上梓する人気漫画家となった。
1983年には「あんたが悪いっ」で第12回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞するなど、順風満帆な活動を続けるが、父親の死や1ヶ月に24本の連載を抱える多忙さから、1984年に休筆。

■ 映像作品

■ 関連書籍

日本の漫画家。代表作に「ぼのぼの」「忍ペンまん丸」「かむろば村へ」「I【アイ】」など。1980年代に4コマ漫画の表現を大きく変えた作家の1人。 1955年1月13日、宮城県生まれ。5歳のときに、神の啓示により漫画家になろうと決意する。 1979年、24歳で漫画家デビュー。その後、4コマ漫画雑誌に連載された「ネ暗トピア」でブレイク。1984年休筆するも、1986年に復帰作「ぼのぼの」が大ヒット。同作は一見すると寓話のように長閑でありながら、深遠な哲学性をも感じさせる世界観で多くの支持を得る。1993年には自ら監督を務めアニメ映画化した。 それ以降も、「忍ペンまん丸」で少年マンガに挑戦し、東北での農村生活をテーマにした「かむろば村へ」や、神様について描く「I【アイ】」など、さまざまな分野の作品を発表し続けている。 2015年には「かむろば村へ」が実写映画化予定。 (引用元 Hatena Keyword)

「いがらしみきお」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • アニメ
  • エッセイ
  • ソフト
  • パソコン
  • リスト
  • 中新田町
  • 仙台市
  • 作風
  • 加美町
  • 加美郡
  • 宮城県
  • 漫画
  • 絵本
  • 自画像
  • 難聴
  • エロジェニカ
  • デビュー
  • 中退
  • 代理店
  • 出身
  • 勤務
  • 印刷所
  • 在住
  • 幼少期
  • 影響
  • 投稿
  • 漫画家
  • 状況
  • 考え方
  • 自身
  • 雑誌
  • 高校