生年月日データベース

田中一光

グラフィックデザイナー[日本]

1930年 1月13日

田中一光 - ウィキペディアより引用

田中 一光(たなか いっこう、本名:たなか かずあき、1930年1月13日 - 2002年1月10日)は、日本のグラフィックデザイナー。
奈良県奈良市出身。
昭和期を代表するグラフィックデザイナーとして活躍した。
グラフィックデザイン、広告の他、デザイナーとして日本のデザイン界、デザイナーたちに大きな影響を与えた。
作風は琳派に大きな影響を受けている。
1950年(昭和25年) - 京都市立美術専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業後鐘淵紡績入社 1952年(昭和27年) - 産経新聞社入社 桑沢デザイン塾講師 1953年(昭和28年) - 日宣美会員となる 1957年(昭和32年) - 株式会社ライトパブリシティ入社 1959年(昭和34年) - 日宣美展会員賞 1960年(昭和35年) - 日本デザインセンター創立に参加 東京ADC 金賞 1963年(昭和38年) - 独立し田中一光デザイン室主宰 1967年(昭和42年) - AGI 国際グラフィック連盟会員となる 1968年(昭和43年) - 日本万国博覧会政府館1号館展示設計責任者に任命される 1975年(昭和50年) - 西武流通グループ(セゾングループ)のクリエイティブディレクターに就任 1980年(昭和55年) - 芸術選奨新人賞、西武の無印良品のアートディレクターに就任 1986年(昭和61年) - 銀座セゾン劇場のアートディレクターに就任 1986年(昭和61年) - ニューヨークADC 金賞 1991年(平成 3年) - 日本文化デザイン大賞 1994年(平成 6年) - ニューヨークADC 殿堂入り 紫綬褒章受章 1998年(平成10年) - 東京ADC グランプリ 1997年度朝日賞 2000年(平成12年) - 文化功労者顕彰 2002年(平成14年) - 急性心不全のため死去(享年71) 主な受賞歴 ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ 銀賞 毎日デザイン賞 ニューヨークADC 金賞 東京ADC 会員最高賞 毎日芸術賞 TDC 会員金賞 第一回亀倉賞 織部賞 講談社出版文化賞 主な仕事 産 ……

■ 関連書籍

■ 音楽作品

たなかいっこう [生]1930.1.13.奈良[没]2002.1.10.東京グラフィック・デザイナー。1950年に京都市立美術専門学校図案科(→京都市立芸術大学)を卒業。産経新聞大阪本社などでグラフィック・デザインを手がけ,1963年に独立。日本の伝統を現代化したデザインで国際的に高い評価を受けた。毎日産業デザイン賞(1966),芸術選奨文部大臣新人賞(1980),ニューヨークADC金賞(1986),毎日芸術賞(1988)ほか受賞多数。作品集『田中一光デザインの世界』(1987)がある。2000年文化功労者。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 昭和
  • デザイナー
  • グラフィック
  • デザイン
  • 琳派
  • 京都市立芸術大学
  • 仕事
  • 作風
  • 入社
  • 受賞歴
  • 奈良市
  • 奈良県
  • 影響
  • 産経新聞社
  • 著書
  • 関連
  • クラシエ
  • ザイナー
  • ホールディングス
  • 京都
  • 代表
  • 会員
  • 出身
  • 卒業
  • 塾講師
  • 学校
  • 専門
  • 市立
  • 日宣
  • 日本
  • 昭和期
  • 桑沢
  • 活躍
  • 現代
  • 現在
  • 紡績
  • 紹介
  • 美術
  • 自身
  • 鐘淵