誕生日データベース

屋井先蔵やいさきぞう

発明家[日本]

(乾電池の発明者、文久3年12月5日生)
1927年 6月1日 死去享年64歳
屋井先蔵 - ウィキペディアより引用
屋井 先蔵(やい さきぞう、文久3年12月5日 (旧暦) 12月5日(1864年1月13日) - 昭和2年(1927年)6月)は乾電池の発明者。

越後長岡藩出身。
(現在の新潟県長岡市)
13歳で時計店の丁稚となるも、病気のため帰郷。
修理工として年季奉公した後、東京物理学校(現:東京理科大学)に学んだ。

1885年 - 電池で正確に動く連続電気時計に使用するため乾電池を発明する。
しかし貧乏のため特許を取得できなかった(当時の特許取得料金は膨大に高い料金だった)。
乾電池を発売した当初の世論は「乾電池などという怪しいものは正確に動かないはずだ」というものが大半を占めており、先蔵の乾電池は全く売れず、さらに持病の為に寝込む日が続き、生活は貧窮を極めた。
そして不幸は続き、先蔵の乾電池のすごさを知った外国人が万博にて自分が発明したものだと主張した。
そのため、しばらく時間が経つまで世界で最初に乾電池を発明した人物は先蔵であると認知されていなかった。

■ 関連書籍

タイトル
乾電池王とよばれた男 ─ 屋井先蔵の生涯 (電子書籍)
著者
発売元
発売日
2014-04-12
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
大日本帝国の発明
著者
武田知弘
発売元
彩図社
発売日
2015-04-24
新品価格
¥ 580 より
中古商品
¥ 1 より

「屋井先蔵」と関連する人物

上山明博
連想語句
電池工業会関連エピソードダニエル丁稚乾電池出典奉公新潟県明治時計東京東京工業大学永久資料越後連続長岡長岡市電気時計とき修理工入学制限動作叔父受験失敗学校屋井工業帰郷年季年齢志望文久断念機関死去独力現在病気発明発明者自動機進学高等

↑ PAGE TOP