誕生日データベース

ヴィルヘルム・ヴィーンWilhelm Carl Werner Otto Fritz Franz Wien

物理学者[ドイツ]

1928年 8月30日 死去享年75歳
ヴィルヘルム・ヴィーン - ウィキペディアより引用
ヴィルヘルム・カール・ヴェルナー・オットー・フリッツ・フランツ・ヴィーン(独: Wilhelm Carl Werner Otto Fritz Franz Wien、1864年1月13日 - 1928年8月30日)は、ドイツの物理学者。
英語風にウィルヘルム・ウィーンと表記されることもある。
熱力学、特に黒体放射に関する研究で知られる。
ヴィーンが発見したヴィーンの変位則やヴィーンの放射法則はマックス・プランクの量子論に直接結びつくもので、後にマックス・フォン・ラウエをして「ヴィーンの不滅の栄光は我々を量子力学の玄関口に導いた」と言わしめた。
1911年、「熱放射の諸法則に関する発見」によりノーベル物理学賞を受賞した。
生涯 東プロイセンのフィッシュハウゼン近郊にあるガフケン(現在はロシアのカリーニングラード州プリモルスク近くのパルスノエ)で農場主カール・ヴィーンの息子として生まれた。
1866年に両親とともにラステンブルク地方のドラッハシュタインに移り、1879年からラステンブルクの学校で、1880年からハイデルベルクのギムナジウムで教育を受けた。
連想語句
ヴィーン生涯マックス放射法則ウィーンカリーニングラードドイツノーベルフォンプランクプロイセンラウエ変位学者年表熱力学物理物理学賞発見量子論関連黒体ウィルヘルムガフケンスクハウゼンパルフィッシュプリモルロシア不滅力学受賞我々栄光熱放射玄関口現在英語近郊量子

↑ PAGE TOP