誕生日データベース

飯沢耕太郎いいざわこうたろう

写真評論家[日本]

1954年 3月26日

飯沢耕太郎(いいざわ こうたろう、1954年3月26日 - )は、日本の写真評論家。
人物・来歴 宮城県仙台市出身。
1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。
1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。
『「芸術写真」とその時代』(筑摩書房。
1986年)、『写真に帰れ 光画の時代』(平凡社。
1988年)、『都市の視線 日本の写真 1920~30年代』(創元社。
1989年)の3部作で、頭角を現わし、日本の20世紀前半の写真研究者の第一人者に躍り出た。
その後、雑誌「deja-vu」の編集長となる。
公募展である写真新世紀とひとつぼ展には設立当初から審査員として参加し、90年代の『ガーリーフォト』ブームを作った。
荒木経惟研究者でも知られている。
1996年には『写真美術館へようこそ』でサントリー学芸賞を受賞。
またキノコの愛好家でもあり、『世界のキノコ切手』『きのこ文学大全』、『考えるキノコ』(共著)などの著書がある。
1981年、東京綜合写真専門学校非常勤講師。
写真作家研究を担当。
2004年、2008年、東京大学教養学部非常勤講師。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    キノクリ キノクラ
    歌手
    発売元
    rimacona-lab
    発売日
    2013年4月26日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

写真評論家。きのこ文学研究家。 1954年、宮城県柴田町生まれ。 1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。 以後、フリーの写真評論家として活動。この間、季刊写真誌「deja-vu」編集長を務める。 著書『「芸術写真」とその時代』(筑摩書房)、『日本写真史を歩く』(新潮社)、『写真の現在』(未来社)、『荒木!』(白水社)、『フォトグラファーズ』(作品社)、『世界のキノコ切手』(プチグラパブリッシング)、『きのこ文学大全』(平凡社)など。 「みやぎ夢大使」。(2005年-2006年) (引用元 Hatena Keyword)

「飯沢耕太郎」と関連する人物

連想語句
  • 写真
  • 芸術
  • つぼ
  • ガーリー
  • フォト
  • 世紀
  • 仙台市
  • 共編
  • 大学院
  • 学部
  • 宮城県
  • 日本
  • 日本大学
  • 時代
  • 監修
  • 研究者
  • 筑波大学
  • 荒木経惟
  • 著書
  • 関連
  • ブーム
  • 修了
  • 光画
  • 公募
  • 出身
  • 前半
  • 創元社
  • 卒業
  • 博士
  • 参加
  • 学科
  • 審査
  • 平凡社
  • 当初
  • 第一人者
  • 筑摩書房
  • 編集長
  • 美術館
  • 視線
  • 設立
  • 課程
  • 都市
  • 雑誌
  • 頭角