生年月日データベース

ビル・ブラッフォードWilliam Scott Bruford

ミュージシャン・元 Yes[イギリス]

1949年 5月17日

ビル・ブラッフォード - ウィキペディアより引用

ビル・ブルーフォード(Bill Bruford、本名:William Scott Bruford、1949年5月17日 - )は、イギリス・ケント州セブンオークス出身のドラマー、パーカッショニスト。
プログレッシヴ・ロック、ジャズ・ロック界を代表するドラマーの一人であるばかりか、英プログレッシブ・ロックの歴史を体現した人物である、といっても過言ではない。
在籍したバンドはキング・クリムゾン、イエス、UK、(ライヴ・サポートのみだが)ジェネシス、ナショナル・ヘルスなど大物、或いは重要バンドばかりである。
「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において6位。
表記問題 日本では長い期間「ブラッフォード」(もしくはブラフォード、ブルフォード、ブルッフォード)と表記されてきたが、「ビル・ブルーフォード」がより原音に近い表記である。
本人が表記の修正を以前から強く希望してきたものの、長らく「ストレンジデイズ」のような専門誌以外、主要メディアは応じていなかった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

 Bill Bruford、ビル・ブルフォード (1949年5月17日-)  本名William Scott Bruford。イギリス出身の、プログレッシヴ・ロックにおける代表的ドラマー。  1968年、Yesとしてデビュー。1972年脱退。  1973-1975年、King Crimsonに参加。  Genesisへの参加など、セッション活動を経て、1978年、John Wetton、Eddie Jobson、Allan Holdsworthらと共にU.K.を結成。『U.K.』を残し、Allan Holdsworthと共に脱退。  1979年、自身のバンド、Brufordを結成。  1981-1984年、King Crimsonの再結成に参加。その後、自身のジャズバンド、Earthworksを結成。  1989年、Anderson Bruford Wakeman Howeに参加。  1991年、Yesの再々結成に参加し、1994年、King Crimsonの再々結成に参加。  1990年代後半は、Ralph Towner、Eddie Gomezらと共にピアノトリオでの作品発表(『If Summer Had Its Ghosts』)、Tony Levin、David Torn、Chris Bottiとのジャズ・ロックバンド、Bruford Levin Upper Extremitiesでの作品発表(『Bruford Levin Upper Extremities』、『Blue Nights』)、2000年代に入ってからはMichiel Borstlapとのデュオでの作品発表(『Every Step A Dance, Every Words A Song』、『In Two Minds』)、Tim Garlandと共にビッグバンドでの作品発表(『Earthworks Underground Orchestra』)など、ジャズの分野でも活動している。  近年はBill Bruford's Earthworksを中心に活動。Winterfold LabelとSummerford Labelというレーベルを立ち上げ、Winterford Labelでは1987年までの作品の再発、Summerford Labelでは1987年以降の作品の再発と新譜のリリースをする(1987年はEarthworksの1stアルバム『Earthworks』リリース年である)。  渡辺香津美(1987年、1988年)、杏里(1990年)、久石譲(1994年)など、日本人ミュージシャンとも共演 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • イエス
  • 問題
  • グループ
  • ドラマー
  • キング
  • クリムゾン
  • グラフィ
  • ジェネシス
  • ジャズ
  • ストーン
  • ソロ
  • ディスコ
  • バンド
  • プロジェクト
  • ロック
  • ローリング
  • 加入
  • 時期
  • 書籍
  • 機材
  • アース
  • セッション
  • ブルーフォード
  • ミュージシャン
  • ワークス
  • 三大
  • 分野
  • 在籍
  • 実績
  • 志向
  • 歴史
  • 活動
  • 選出