生年月日データベース

パトリック・ジュースキントPatrick Suskind

作家[西ドイツ]

1949年 3月26日

パトリック・ジュースキント(Patrick Süskind, 1949年3月26日 - )は、ドイツのアムバッハ生まれの小説家、ファンタジー作家、劇作家、脚本家。
ズュースキントとも表記される。
1949年、ミュンヘン南部のシュタルンベルガー湖近くのアムバッハで誕生。
父は作家のヴィルヘルム・エマヌエル・ジュースキント (Wilhelm Emanuel Süskind)。
1968年から1974年の間、ミュンヘン大学とエクス=アン=プロヴァンスにおいて中世史および近代史を研究。
1980年代には、脚本家として『Kir Royal』『Monaco Franze』などの作品を手がける。
1985年に発表された長編小説『香水 ある人殺しの物語』はグラス『ブリキの太鼓』以来の大ヒット作となり、日本語を含む46か国語に翻訳されている。
2006年には『パフューム ある人殺しの物語』として映画化された。
映画『悦楽晩餐会 または誰と寝るかという重要な問題』(原題:Rossini – oder die mörderische Frage, wer mit wem schlief、監督:ヘルムート・ディトール、1996年、ドイツ)の脚本も担当している。

■ 関連書籍

  • タイトル
    香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)
    著者
    パトリックジュースキント
    発売元
    文藝春秋
    発売日
    2003-06-01
    新品価格
    ¥ 799 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    ゾマーさんのこと
    著者
    パトリックジュースキント
    発売元
    文藝春秋
    発売日
    1992-11
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 220 より
  • タイトル
    香水―ある人殺しの物語
    著者
    パトリックジュースキント
    発売元
    文藝春秋
    発売日
    1988-12
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1 より

Patrick Suskind ドイツの作家。1949年、アムバッハ生まれ。 新聞や雑誌の編集者をしながら書き上げた戯曲「コントラバス」で一躍注目される。 アナール学派の歴史研究に影響されて、85年に発表した『香水―ある人殺しの物語』は80年代ドイツ文学界最大のベストセラーとなり、23カ国語に翻訳された。 また、トム・ティクバ監督により、「パフューム ある人殺しの物語」(http://perfume.gyao.jp/)として映画化された。 著作 『香水―ある人殺しの物語 』(文藝春秋社刊 翻訳:池内紀 単行本、文庫) 『ゾマーさんのこと』(文藝春秋社刊 翻訳:池内紀 単行本) 『コントラバス』(同学社刊 翻訳:池田信雄、山本直幸 単行本) 『鳩』(同学社刊 翻訳:岩淵達治 単行本) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ミュンヘン
  • 人殺し
  • 物語
  • リスト
  • 脚本家
  • 著作
  • アン
  • エクス
  • グラス
  • シュ
  • タルン
  • ドイツ
  • パフューム
  • ブリキ
  • プロヴァンス
  • ベルク
  • 作家
  • 劇作家
  • 大学
  • 太鼓
  • 映画
  • 香水
  • きらい
  • アム
  • エマヌエル
  • ギュンター
  • コントラバス
  • ジュースキント
  • ズュースキント
  • タジー
  • ディ
  • トール
  • バッハ
  • ヒット作
  • ファンタジー
  • ヘルムート
  • マクシミリアン
  • メディア
  • ルートヴィヒ
  • ヴィルヘルム
  • 中世
  • 作品
  • 出版
  • 南部
  • 原題
  • 取材
  • 問題
  • 在住
  • 悦楽
  • 担当
  • 日本語
  • 晩餐会
  • 現在
  • 発表
  • 監督
  • 翻訳
  • 脚本
  • 誕生
  • 近く
  • 近代
  • 重要
  • 長編小説
  • 随筆