誕生日データベース

緑魔子みどりまこ

女優[日本(台湾)]

1944年 3月26日

緑 魔子(みどり まこ、1944年3月26日 - )は、台北市生まれ、宮崎県児湯郡高鍋町育ちの女優。
夫は石橋蓮司。
オフィスロータス所属。
血液型はA型。
来歴・人物 日本統治時代の台湾台北市に生まれ、宮崎県児湯郡高鍋町で育つ。
家計は貧しく、高校へも中学生の家庭教師のアルバイトをしながら通った、宮崎県立宮崎大宮高等学校卒業後に上京。
この時代には珍しく英語が流暢に話せ、全日本の弁論大会で優勝したこともあり、本来は大学に進学して英語を活かした仕事に就きたかったが、お金がなくて大学に行けなかったという。
家政婦やバーのホステスなど、幾つかの仕事に就いた後、女優を目指すことにし、本名でNHK演技研究所に在籍。
その後東宝ニューフェイスとして6ヶ月の研修期間が終わり、東宝のテレビ部にいたとき、東映映画『二匹の牝犬』のヒロインを探していた同映画の監督・渡邊祐介がNETテレビ(現テレビ朝日)にタレントの写真をもらいにいった際に、ディレクターの机上にあった緑の写真を見て、イメージに近いとカメラテストを経て『二匹の牝犬』に抜擢される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名緑魔子 性別女性 生年月日1944/03/26 星座おひつじ座 干支申年 出身地宮崎県 デビュー年1964 職種タレント・俳優・女優 プロフィール1964年東映映画『二匹の牝犬』で、衝撃的デビューを飾る。同年『牝』でブルーリボン賞新人賞を受賞。悪女、非行少女、家出少女などを演じて、強烈なイメージをスクリーンに焼き付けた。1969年自由劇場の『おんなごろしあぶらの地獄』で、初めて舞台を踏む。1976年石橋蓮司らと共に劇団第七病棟を創立。1985年の第七病棟公演『ビニールの城』で紀伊國屋演劇賞・個人賞及び、ゴールデンアロー賞・演劇賞受賞。2012年『軽蔑』の演技と長年の功績に対して、第21回日本映画プロフェッショナル大賞功労賞受賞。 デビュー作映画『二匹の牝犬』 代表作品WOWOW『ドラマW埋もれる』(2014)/映画『軽蔑』(2011)/映画『盲獣』(1969) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 台湾
  • アルバム
  • オムニバス
  • ゲスト
  • シングル盤
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ラジオ
  • 事務所
  • 参加
  • 受賞歴
  • 台北
  • 日本
  • 映画
  • 時代
  • 石橋蓮司
  • 秘宝
  • 統治
  • 舞台
  • 芸能
  • 音楽
  • オフィス
  • マネジネント
  • ロータス
  • 作品
  • 出演
  • 出演作