誕生日データベース

アンソニー・レゲットAnthony James Leggett

物理学者[アメリカ]

1938年 3月26日

アンソニー・レゲット - ウィキペディアより引用
アンソニー・ジェームズ・レゲット(Anthony James Leggett 、トニー・レゲット 1938年3月26日 - )は、イギリス出身の物理学者。
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校教授などを歴任。
2007年からは、Institute for Quantum Computing(ウォータールー大学)で研究を行っている。
ロンドンのキャンバーウェルで生まれる。
奨学金を得てオックスフォード大学のベリオール・カレッジで学ぶ。
1960年代半ばに京都大学理学部で日本語論文の英訳や閲読の仕事(Progress of Theoretical PhysicsのLanguage Consultant)に就いており、日本語が流暢である。
その経験を元に理系論文の書き方を発表し、現在では基本の名著となっている。
2003年、「超伝導と超流動の理論に関する先駆的貢献」によりノーベル物理学賞を受賞。
業績 Caldeira-Leggettの定理 Leggett構想(Leggett Program,巨視的トンネル効果の実証の為の一般的指針) 著書 物理学のすすめ 科学選書 ISBN 4314005394 受賞歴 ポール・ディラック賞(1992年) ウルフ賞物理学部門(2002年) ノーベル物理学賞(2003年) 関連項目 超伝導 超流動 巨視的トンネル効果 量子デコヒーレンス 京都大学基礎物理学研究所 パラグラフ 脚注 外部リンク Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists (pdf) IQC website。
連想語句
  • 大学
  • オックスフォード
  • アー
  • イリノイ
  • ウェル
  • ウォーター
  • オール
  • カレッジ
  • キャンバー
  • シャン
  • ノーベル
  • バナ
  • ベリ
  • ペーン
  • ルー
  • ロンドン
  • 京都大学
  • 受賞歴
  • 日本語
  • 業績
  • 物理学賞
  • 理学部
  • 著書
  • 論文
  • 超伝導
  • 超流動
  • 関連
  • 仕事
  • 半ば
  • 受賞
  • 名著
  • 基本
  • 奨学金
  • 教授
  • 書き方
  • 歴任
  • 現在
  • 理系
  • 理論
  • 発表
  • 経験
  • 英訳
  • 貢献
  • 閲読