生年月日データベース

山崎正和やまざきまさかず

作家評論家[日本]

1934年 3月26日

山崎 正和(やまざき まさかず、1934年〈昭和9年〉3月26日 - )は、日本の劇作家、評論家、演劇研究者。
サントリー文化財団副理事長、大阪大学名誉教授、経済産業省参与。
文化功労者。
日本芸術院会員。
関西大学文学部教授、大阪大学文学部教授、東亜大学学長、文部科学省中央教育審議会会長(第4期)、LCA大学院大学学長などを歴任した。
京都府京都市出身。
旧満洲で育ち引き揚げた後、京都府立鴨沂高等学校を経て、京都大学文学部哲学科美学美術史専攻卒業。
同大学院文学研究科博士課程美学美術史学専攻中退。
1964年から1965年にかけてイェール大学演劇学科に留学した。
1969年に関西大学文学部助教授に就任し、1974年には同学部教授に昇任。
1976年から1995年まで大阪大学文学部教授を務める。
東亜大学学長を経て、大阪大学名誉教授、LCA大学院大学学長に着任した。
1993年の学位論文「演技する精神」により、大阪大学で博士(文学)を取得する。
大学院在学中から戯曲を執筆し、1963年に『世阿彌』で岸田国士戯曲賞を受賞した。

■ 関連書籍

やまざきまさかず [生]1934.3.26.京都劇作家,評論家。1976年大阪大学教授,95年東亜大学大学院教授。少年期を満州の奉天で過し,1948年帰国。京都大学哲学科卒業。63年,足利義満と世阿弥を光と影の関係としてとらえた『世阿弥』(俳優座上演)で第9回岸田戯曲賞を受賞。64~66年エール大学に留学。その後,平清盛と後白河院との葛藤を描いた『野望と夏草』(1970),『実朝出帆』(73)などの史劇を発表する一方,『劇的なる精神』(66)に始る評論活動も多彩に展開する。著書に『劇的なる日本人』(71),読売文学賞受賞の『鴎外闘う家長』(72),『不機嫌の時代』(76),『柔らかい個人主義の誕生』(84)などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文化
  • 大阪大学
  • 文学部
  • サントリー
  • ファシズム
  • ポピュリズム
  • 中央
  • 主張
  • 主義
  • 人生
  • 使用
  • 保守
  • 個人
  • 先送り
  • 入試
  • 功労者
  • 参与
  • 大学院大学
  • 学長
  • 定義
  • 審議会
  • 批判
  • 教授
  • 教科書
  • 教育
  • 文章
  • 文部科学省
  • 日本芸術院
  • 東亜大学
  • 演劇
  • 禁煙
  • 経済産業省
  • 脱亜
  • 財団
  • 関西大学
  • 会員
  • 会長
  • 副理事長
  • 名誉教授
  • 歴任
  • 研究者