生年月日データベース

早乙女勝元さおとめかつもと

作家[日本]

1932年 3月26日 生 (満86歳)

早乙女 勝元(さおとめ かつもと、1932年3月26日 - )は、日本の作家・児童文学作家。
東京都足立区出身。
東京の働く姿を描いた作品が多くまた反戦・平和をライフテーマとする。
1945年3月9日に東京大空襲を経験。
1946年に義務教育を終え、鐘紡附属東京理化学研究所(当時)に少年工として勤務する。
かたわら旧制都立第七中学校(現・都立墨田川高校)夜間部に入学。
1952年に「下町の故郷」で直木賞候補。
1962年に音楽大学を卒業したばかりの金子直枝と結婚。
直枝は小学校教師となる。
1970年に「東京空襲を記録する会」を結成。
2002年に東京都江東区にオープンした東京大空襲・戦災資料センター館長就任。
ベトナム戦争のときの空爆被害の救援にも力をいれている。
山田洋次に「下町の太陽」制作に際してアドバイスをしており、また山田を初めて葛飾柴又に連れて行った。
毎年3月9日前後には必ず朝日新聞の投書面「声」に、東京大空襲を忘れてはならぬ旨、投書し採用されている。
著書 『下町の故郷』(1952年、葦出版社) 『ハモニカ工場』(1956年、未來社) 『美しい橋』(1957年、文理書院) 『秘密』(1960年、角川書店) 『ゆびきり』(1960年、理論社) 『小麦色の仲間たち』(1964年、理論社) 『青春の歯車』(1965年、理論社) 『太陽がほしい!』(上・下、1968年、理論社) 『輝坊といっしょに』(直枝と共著、新日本新書・草の根出版会) 『愛と口笛とぼく』(1968年、東邦出版社→『それぞれの愛』に改題、草の根出版会) 『東京大空襲-昭和二〇年三月十日の記録』(1971年、岩波新書、ルポルタージュ) 『あした私は行く』(1972年、理論社) 『わが街角』(1974年~1976年、新潮社、全5巻) 『共働きはラクじゃないよ』(1974年、草土文化→草の根出版会) 『猫 ……

■ 映像作品

  • タイトル
    おばけ煙突のうた [VHS]
    監督
    大澤豊
    出演俳優
      発売元
      アスミック・エース
      発売日
      1995年3月24日
      新品価格
      より
      中古商品
      ¥ 38,000 より
    1. タイトル
      ベトナムのダーチャン [VHS]
      監督
      出演俳優
        発売元
        東映ビデオ
        発売日
        1997年3月21日
        新品価格
        より
        中古商品
        より
      1. タイトル
        さようならカバくん [VHS]
        監督
        大澤豊
        出演俳優
        1. 山本學
        2. 中川志郎
        発売元
        アスミック・エース
        発売日
        1995年3月24日
        新品価格
        より
        中古商品
        より

      ■ 関連書籍

      作家。 1932年3月26日東京生まれ。 下町を舞台に働く若者の姿を描いた作品が多くまた反戦・平和をライフテーマとする。 (引用元 Hatena Keyword)

      連想語句
      • 映画
      • 関連
      • 作品
      • 東京
      • 都立
      • スタッフ
      • ドラマ
      • 全集
      • 原作
      • 受賞歴
      • 墨田
      • 役職
      • 東京大空襲
      • 漫画
      • 編者
      • 舞台
      • 著書
      • 資料
      • 足立区
      • かたわら
      • テーマ
      • ライフ
      • 下町
      • 中学校
      • 入学
      • 出身
      • 勤務
      • 反戦
      • 夜間
      • 姿
      • 学校
      • 少年
      • 平和
      • 当時
      • 故郷
      • 教育
      • 旧制
      • 理化学研究所
      • 経験
      • 義務
      • 鐘紡
      • 附属
      • 高校
      • 高等