生年月日データベース

舟崎靖子ふなざきやすこ

児童文学作家[日本]

1944年 5月17日 生 (満74歳)

舟崎 靖子(ふなざき やすこ 1944年5月17日 - )は神奈川県出身の詩人、児童文学作家。
別の筆名として童謡・詩で近江靖子、小説・随筆で村上靖子。

小田原市生まれ。
祖父は弁護士。

マラソン選手志望だったが、川村女子短期大学英文学科在学中に落馬事故で自宅療養生活を余儀なくされ、病床で読書に耽る。
1964年、療養中に書いた童謡「うたう足の歌」で第9回日本レコード大賞童謡賞を史上最年少受賞。
同年、当時学習院大学1年生だった舟崎克彦の第一詩集「いもむしの詩」(栄光社、自費出版)を買ったことがきっかけで、克彦と知り合う。
高田敏子 (詩人) 高田敏子に師事し、克彦と共に高田主宰の同人誌に参加。
1965年、詩集「ポテトチップ館」を刊行。

1968年秋、克彦と結婚。
1969年に長女を出産。

■ 関連書籍

児童文学作家。1944年神奈川県生まれ。「とべないカラスととばないカラス」で赤い鳥文学賞、「ヒロシのしょうばい」「亀八」でサンケイ児童出版文化賞を受賞。著書に「トンカチと花将軍」(夫である舟崎克彦との共著)のほか「スカンクプイプイ」、「も・いちど あ・そ・ぼ」シリーズなど。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 共著
  • マラソン
  • レコード
  • 克彦
  • 同人
  • 大学
  • 大賞
  • 学習院大学
  • 小田原市
  • 川村短期大学
  • 帝国
  • 弁護士
  • 日本
  • 東京
  • 療養
  • 真理
  • 童謡
  • 翻訳
  • 舟崎
  • 舟崎克彦
  • 英文学
  • 著書
  • 高田敏子
  • いもむし
  • きっかけ
  • 主宰
  • 事故
  • 出版
  • 参加
  • 受賞
  • 史上
  • 同年
  • 在学
  • 師事
  • 年少
  • 当時
  • 志望
  • 栄光
  • 生活
  • 病床
  • 祖父
  • 自宅
  • 自費
  • 落馬
  • 詩人
  • 詩集
  • 読書
  • 選手
  • 高田