誕生日データベース

ポール・エルデシュPaul Erdos

数学者[ハンガリー]

1913年 3月26日

1996年 9月20日 死去享年84歳
ポール・エルデシュ - ウィキペディアより引用

ポール・エルデシュ、エルデーシュ・パール(Erdős Pál, Paul Erdős; (本姓: Engländer), 1913年3月26日 - 1996年9月20日)はハンガリーのブダペスト出身の数学者。
生涯に約1500篇の論文(多くは共著)を発表した。
これ以上に多数の論文を発表した数学者はレオンハルト・オイラーのみである。
プリンストン大学、ノートルダム大学などで教職に就いた。
業績 数論、組合せ論、グラフ理論をはじめ、集合論、確率論、級数論など幅広い分野で膨大な結果を残した。
グラフ理論・数論などにおける確率論的方法、組合せ論の種々のテクニックは著しく、特にセルバーグと共に素数定理の初等的な証明を発見したことは有名である。
彼の数学は、次々に問題を考えてはそれを解くという独特のスタイルであったが、彼が発する散発的な問題が実際には理論的に重要なものであったり、あるいは新しい理論の発展に非常に重要な貢献をした例も少なくない。

■ 関連書籍

連想語句
  • 理論
  • 数学者
  • グラフ
  • 問題
  • 多く
  • 数学
  • 確率
  • 組合せ
  • 論文
  • オイラー
  • セルバーグ
  • タイム
  • ブダペスト
  • ラムゼー
  • レオンハルト
  • ワルシャワ
  • 変わり者
  • 定理
  • 生涯
  • 発表
  • 素数
  • 貢献
  • 重要
  • 集合
  • '
  • これ
  • アシュケナジム
  • アトル
  • エルデシュ
  • ガリー
  • スタイル
  • テクニック
  • ハンガリー
  • ユダヤ
  • ライフスタイル
  • 会議
  • 全て
  • 共同
  • 共著
  • 出身
  • 分野
  • 初等
  • 実際
  • 幾何
  • 擁護
  • 方法
  • 時間
  • 時間後
  • 晩年
  • 有名
  • 条件
  • 独特
  • 発展
  • 発見
  • 社会
  • 秩序
  • 種々
  • 級数
  • 結果
  • 証明
  • 論的
  • 開催
  • 雑誌