生年月日データベース

川田龍平かわだりゅうへい

人権活動家[日本]

1976年 1月12日

川田龍平 - ウィキペディアより引用

川田 龍平(かわだ りゅうへい、1976年1月12日 - )は、日本の政治家。
参議院会派「民進党・新緑風会」所属の参議院議員(2期)。
東京都出身。
維新の党党規委員長、党東京都総支部代表。
結いの党選挙対策委員長、維新の党国会議員団総務会長を務めた。
東京HIV訴訟(薬害エイズ事件)原告、川田龍平と人権アクティビストの会代表。
龍平学校-PEEK主宰。
1976年1月12日 - 東京都小平市に生まれる。
1976年7月 - 遺伝性疾患である血友病の診断を受ける。
クリオ製剤使用開始。
乳児期に3度の脳内出血も発症するが、同薬により救命された。
1979年8月 - 3歳。
非加熱輸入血液製剤使用開始。
1983年9月 - 家族療法開始(母が注射)。
1985年8月 - 自己注射開始(自分で製剤を注射)。
1986年1月 - 母が医師からHIV感染を告知される。
1986年12月 - 母からHIV感染を告知される。
1987年7月 - 発症予防目的でインターフェロン治療開始。
1988年3月 - 小平市立小川東小学校卒業。

■ 関連書籍

政治家(参議院議員)、人権活動家。1976年1月12日生まれ、東京都小平市出身。 東京HIV訴訟原告・松本大学非常勤講師 人権アクティビストの会 代表 龍平学校-PEEK 主宰などを歴任。 2007年の参院選で無所属で出馬し初当選。09年12月にみんなの党入り。 母親は元・衆議院議員の川田悦子。 (引用元 Hatena Keyword)

「川田龍平」と関連する人物

連想語句
  • 議員
  • 参議院
  • エイズ
  • エピソード
  • 事件
  • 会長
  • 原告
  • 団体
  • 委員長
  • 家族
  • 岩手医科大学
  • 所属
  • 政策
  • 東京都
  • 発言
  • 維新
  • 著書
  • 薬害
  • アクティビスト
  • 主宰
  • 人権
  • 代表
  • 党規
  • 出身
  • 国会議員
  • 国民
  • 学校
  • 客員
  • 対策
  • 役員
  • 教授
  • 東京
  • 生活
  • 経済
  • 総務
  • 訴訟
  • 調査会
  • 選挙
  • 龍平