誕生日データベース

ロベルト・プロシネチキRobert Prosinecki

男子サッカー選手[クロアチア]

1969年 1月12日

ロベルト・プロシネチキ - ウィキペディアより引用
ロベルト・プロシネチキ(Robert Prosinečki, 1969年1月12日 - )は、ドイツ・シュヴェニンゲン出身の元クロアチア代表サッカー選手、サッカー指導者。
ポジションはミッドフィールダー(攻撃的MF)。
日本では「プロシネツキ」と表記されたこともある。
特筆すべきは足裏を使った高速での引き技フェイントでの抜群のキープ力であり、ワールドユースを観戦した各国ジャーナリストから"熊手の足""庭師の足"を持つ男と呼ばれていた。
ニックネーム「バルカンの黄金銃」の由来は、このボールを引く動きから強烈なミドルシュートまでの流れが撃鉄を起こしてから引き金を引くまでの一連の動きに似ていたためだと言われている。
フェイント、パス、ドリブルなどのゲームメーカー的なプレーに優れており、日本ではカズのフェイントとし知られるまたぎフェイントも多用していた。
クラブ ユーゴスラビアからの出稼ぎ労働者の家庭の子供としてドイツで生まれ、幼少時に帰国。

■ 映像作品

連想語句
  • クラブ
  • サッカー
  • エピソード
  • ザグレブ
  • タイトル
  • ディナモ
  • ミッドフィールダー
  • ユーゴスラビア
  • 代表
  • 個人
  • 引退
  • 選手
  • 関連
  • シネ
  • ツキ
  • ドイツ
  • プロ
  • ポジション
  • 入団
  • 出稼ぎ
  • 労働者
  • 子供
  • 家庭
  • 帰国
  • 幼少時
  • 指導者
  • 日本