生年月日データベース

石原詢子いしはらじゅんこ

歌手[日本]

1968年 1月12日 生 (満50歳)

『石原洵子』より : 石原 詢子(いしはら じゅんこ、1968年1月12日 - )は日本の演歌歌手。
本名は石原 悦子(いしはら えつこ)。
岐阜県揖斐郡池田町出身。
石原音楽事務所所属。
いとう冨士子というペンネームで作詞・作曲も発表している。
2000年及び2003年、NHK紅白歌合戦出場。
デビュー曲「ホレました」(1988年10月21日)以来、ソニーミュージック系列のレコード会社に所属しており、現在はソニー・ミュージックダイレクトに所属している。
TBSラジオの深夜放送「いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜」では1989年4月〜1992年2月までパーソナリティをつとめた。
1994年に発売された「三日月情話」は日本作詞大賞の優秀作品賞に選ばれた。
また、NHK名古屋放送局のラジオ番組「FMリクエストアワー」のパーソナリティを担当。
ついでNHKテレビの「どんとこい民謡」の司会者もつとめた。
さらに1998年春より出演のNHKテレビの番組「コメディお江戸でござる」では、準レギュラーとして男役「詢吉」、タヌキ、天邪鬼などで楽しい演技を披露、達者なコメディエンヌぶりを発揮した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

演歌歌手。 1968年1月12日生まれ、岐阜県揖斐郡池田町出身。 詩吟揖水流(いすいりゅう)家元である父のもと、4歳から詩吟を習い始め、12歳で師範代に。 しかし歌手への夢をあきらめきれず、単身上京。 1988年10月21日、「ホレました」でソニーレコードよりデビュー。 2000年末、「みれん酒」で第51回『NHK紅白歌合戦』に初出場。 2003年末、「ふたり傘」で第54回紅白に2度目の出場を果たす。 06年5月には、劇団シニアグラフィティ旗揚げ公演 「昭和歌謡シアター 終着駅」に主演。(於 新宿スペース107) 07年6月、劇団シニアグラフィティ 第5回公演 「昭和歌謡シアター 東京」の座長を務める。(於 新宿スペース107) 伍代夏子、藤あや子、山本みゆきとともに、ソニーの擁する美人演歌歌手の一人。 最近、一部のFANの間などで「じゅんじゅん」と呼ばれるようになっている。 よく「名前の“詢”という漢字がパソコンで出せない」という声を見かけます。 今ココを読んでいる人ならコピー&ペーストすればよいのですが、最も確実なのは 「諮詢(しじゅん)」という単語を変換することです。見事に一発変換されます。 ちなみに意味は「参考として問い尋ねること、意見をきくこと」。 演歌ファンなら「じゅんこ=詢子」で辞書登録しておきましょう。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • シングル
  • 歌手
  • 岐阜県
  • アルバム
  • グラフィー
  • ディスコ
  • デビュー
  • 上京
  • 交友
  • 人気
  • 企画
  • 出場歴
  • 出演
  • 嗜好
  • 揖斐郡
  • 池田町
  • 演歌
  • 紅白歌合戦
  • 趣味
  • 転機
  • 関係
  • 出身