誕生日データベース

加藤嘉かとうよし

俳優[日本]

1913年 1月12日

1988年 3月1日 死去脳卒中享年76歳

加藤 嘉(かとう よし、1913年1月12日 - 1988年3月1日)は、日本の俳優。
本名は名前の読みが「ただし」。
音読みで(かとう か)と呼ばれることもある。
映画やテレビドラマで名脇役俳優として活躍し、善悪様々な役をこなした性格俳優のひとり。
今井正、山本薩夫、内田吐夢、今村昌平、野村芳太郎ら多くの巨匠監督に重用され、出演映画総数は300本を越える。
前妻は山田五十鈴、後妻は女優の中村雅子。
来歴・人物 1913年(大正2年)1月12日、東京市芝区新堀町(現在の東京都港区芝)に生まれる。
祖父は材木商をしていたが、父の加藤助次郎は無職で不動産収入をもって生活していた。
母は長子で、その長男だった。
妹が一人いたが、早くに亡くなっている。
鎌倉師範付属小学校から慶應義塾商工学校に入り、後慶應義塾高等部に進む。
在学中、先輩の徳大寺伸が主宰するアマチュア劇団・学生舞台に誘われ、劇団の公演に助っ人として参加する当時は俳優になるつもりはなく、山岳部の活動をしながら学生生活を送っていたが、ラグビー部員に刀の鍔で殴られて失明状態になり、僅か1年で高等部を中退している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1913〜1988 映画俳優。出演映画本数は三百本を越える名優。 東京都出身。慶應義塾高等学校在学中にアマチュア劇団に出演。1934年、東京宝塚劇場の俳優になったが、反戦思想に共鳴して1936年新築地劇団付属研究所に入所した。戦後は民衆芸術劇場(第一次民芸)に参加。長年日本映画に欠かせぬ名脇役として活躍。特に『砂の器』ではハンセン病を患う父親役を演じ、鬼気迫る演技で人々の記憶に残っている。女優の山田五十鈴と結婚したが三年で離婚。その後、女優・中村雅子と再婚。   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京都
  • 港区
  • テレビドラマ
  • 中村雅子
  • 五十鈴
  • 全集
  • 出演
  • 受賞歴
  • 女優
  • 山田
  • 映画
  • 材木
  • 東京
  • 舞台
  • 関連
  • かとう
  • 不動産
  • 付属
  • 前妻
  • 収入
  • 商工
  • 学校
  • 小学校
  • 師範
  • 後妻
  • 慶應義塾
  • 新堀町
  • 早く
  • 無職
  • 現在
  • 生活
  • 祖父
  • 誕生
  • 鎌倉
  • 長子
  • 長男
  • 音読み