生年月日データベース

秋山光和あきやまてるかず

美術評論家[日本]

1918年 5月17日

秋山 光和(あきやま てるかず、1918年5月17日 - 2009年3月10日)は、日本の美術史学者、東京大学名誉教授。
日本美術史専攻。
東京生まれ。
父は金沢美術工芸大学学長の美術史家・秋山光夫、母は堀口大學の妹・花枝。
1941年、東京帝国大学美術史科卒業、同年、文部省美術研究所嘱託、のち戦争のため徴兵され従軍、戦後、東京国立博物館研究員を経て、1950年、フランス留学、1952年、東京国立文化財研究所勤務、1953年、研究班による「光学的方法による絵画の研究」を出版、1955年には田中一松らとの共著「光学的方法による古美術品の研究」を刊行、1959年、フランス芸術文化勲章(シュヴァリエ)受章。

■ 関連書籍

「秋山光和」と関連する人物

連想語句
  • 美術
  • 光学
  • 共編
  • 出典
  • 分析
  • 単著
  • 回想記
  • 図録
  • 在外
  • 外国語
  • 敦煌
  • 日本
  • 栄典
  • 活動
  • 翻訳
  • 著作物
  • 著書
  • 解説
  • 記念
  • 論文
  • 論集
  • 資料
  • 関連
  • 専攻