生年月日データベース

横山隆一よこやまりゅういち

漫画[日本]

1909年 5月17日

横山隆一 - ウィキペディアより引用

横山 隆一(よこやま りゅういち、1909年5月17日 - 2001年11月8日)は高知県高知市出身の漫画家、アニメーション作家である。
代表作は早稲田大学のマスコットキャラクターとしても有名な『フクちゃん』。
『朝日新聞』に連載された1コマ漫画『社会戯評』を代表作とする漫画家の横山泰三は実弟、画家の横山ふさ子は三女、漫画家近藤日出造は義弟(妹の夫)である。
高知県立高知城東中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)卒業。
はじめは彫刻家を目指し美術学校の受験するが失敗、同郷の彫刻家本山白雲の門をたたき弟子となる。
その後、次第に漫画家を目指すようになる。
漫画家である傍ら、アニメ制作会社おとぎプロの主宰も務め、1957年に制作した『ふくすけ』ではブルーリボン賞、毎日映画コンクール教育文化映画賞を受賞。
1961年には日本初のテレビアニメシリーズ『インスタントヒストリー』を制作した。
この作品は1分程度の放送であったために、後発のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』の陰に隠れた存在となってしまっている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 漫画
  • 概要
  • アニメ
  • アニメーション
  • エピソード
  • ナンセンス
  • 作品
  • 受賞歴
  • 漫画家
  • 関連
  • 随筆
  • 集団
  • 高知市
  • 高知県
  • ギャグ
  • グループ
  • 主流
  • 作家
  • 出身
  • 志向
  • 政治
  • 日本
  • 明快
  • 欧米
  • 簡略
  • 結成
  • 絵柄
  • 若手
  • 風刺