生年月日データベース

井口基成いぐちもとなり

ピアニスト[日本]

1908年 5月17日

井口 基成(いぐち もとなり、1908年5月17日 - 1983年9月29日)は日本のピアニスト・ピアノ教育家。
妹の井口愛子(後に佐藤愛子)と、前妻の井口秋子もピアニスト・ピアノ教育家という音楽一族。
井口基二と秀の長男として東京府東京市日本橋区浜町に生まれる。
1915年、浜町尋常小学校入学。
1921年、京華中学校入学。
16歳から田中規久士にピアノを師事。
東京音楽学校器楽部ピアノ科にて高折宮次、レオニード・コハンスキに師事する。
卒業後フランスに留学、イヴ・ナットのもとで研鑽を重ねた。
1934年、帰国後初のリサイタルを日比谷公会堂で行い、その後活発な演奏活動を展開する。
一方で東京音楽学校教授に就任し、教育面でも重要な貢献を果たした。
1943年4月、帝国芸術院賞洋楽部門で、第1回目の受賞者に選ばれる。
1948年、伊藤武雄、齋藤秀雄、吉田秀和と「子供のための音楽教室」を開設。
一期生には小澤征爾(指揮者)、中村紘子(ピアニスト)、堤剛(チェリスト)らがいる。
「子供のための音楽教室」は、後の桐朋学園音楽部門の母体となった。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 東京
  • 師事
  • ピアニスト
  • ピアノ
  • 井口
  • 学校
  • 教育家
  • 音楽
  • イヴ
  • コハンスキ
  • ナット
  • フランス
  • レオニード
  • 井口秋子
  • 京華
  • 入学
  • 宮次
  • 愛子
  • 日本橋
  • 浜町
  • 高折
  • もと
  • リサイタル
  • 一族
  • 中学
  • 中学校
  • 佐藤愛子
  • 前妻
  • 卒業
  • 器楽
  • 基二
  • 尋常
  • 小学校
  • 帰国
  • 旧制
  • 田中
  • 留学
  • 研鑽
  • 規久
  • 長男
  • 高等