生年月日データベース

リー・リトナーLee Ritenour

ミュージシャン[アメリカ]

1952年 1月11日

リー・リトナー - ウィキペディアより引用

リー・マック・リトナー(Lee Mack Ritenour、1952年1月11日- )とは、アメリカ合衆国のギタリストである。
カリフォルニア州ハリウッド生まれ。
ジャズ・フュージョン界で1970年代前半より活動している。
ブラジリアン・リズムに影響され、自身のアルバムに取り入れられている物が多い。
代表作に「Captain Fingers」が挙げられる。
6歳よりギターを始め、ウェス・モンゴメリーに大きく影響される。
高校時代にセミプロとして活躍し、南カリフォルニア大学入学後、GRPレコードの設立者の一人でキーボーディストである、デイヴ・グルーシンと出会い、1970年代よりスタジオミュージシャンとして活躍し始める。
1975年にはレコーディングに参加したミッシェル・ポルナレフのバック・バンドの一員(キーボードはデビッド・フォスター)としてツアーに参加している。
1970年代半ばに自身のグループ、「ジェントル・ソウツ」を結成、1976年にファースト・アルバム"First Course"を、1977年に初期の代表作となる"Captain Fingers"を発表し、自身の地位を確立した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 歴史
  • 出典
  • 関連
  • アルバム
  • ウェス
  • グラフィ
  • ジャズ
  • テレビ
  • ディスコ
  • ハリウッド
  • フュージョン
  • 出演
  • 映像
  • 音楽
  • カリフォルニア州
  • ギター
  • ブラジリアン
  • ブラジル
  • モンゴ
  • モンゴメリー
  • リズム
  • 代表作
  • 前半
  • 影響
  • 活動
  • 自身