生年月日データベース

西村繁男にしむらしげお

絵本作家[日本]

1947年 1月10日

西村 繁男(にしむら しげお、1937年5月31日 - 2015年5月)は日本の雑誌編集者。
『週刊少年ジャンプ』の第3代編集長。
『フレッシュジャンプ』『スーパージャンプ』の初代編集長。
麻布中学校・高等学校を卒業後、1962年に早稲田大学第一文学部を卒業し、就職浪人して集英社に入社。
当初は幼年誌『日の丸』の編集部に配属になるが、同誌が配属後半年で廃刊になったため『少年ブック』編集部に異動。
横山光輝の担当になる。
その後同誌の編集長だった長野規らと共に1968年に『少年ジャンプ』(当時は月2回刊)の創刊に携わる。
1973年には『週刊少年ジャンプ (WJ)』(1969年より週刊化)の副編集長となる一方で、集英社労働組合の委員長に就任( - 1974年)。
1978年には前任の中野祐介の後を継ぎ、『WJ』の第3代編集長となった。
1982年には『フレッシュジャンプ (FJ)』を創刊し、編集長を『WJ』と兼任する。
1986年には『WJ』の編集長を後藤広喜に、『FJ』の編集長を中野和雄にバトンタッチする一方で『スーパージャンプ』を立ち上げ同誌の編集長に就任。

■ 関連書籍

元・週刊少年ジャンプ編集長、黄金時代の編集長として著書も多数。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京都
  • ジャンプ
  • 早稲田大学
  • スーパー
  • フレッシュ
  • ブック
  • 中学校
  • 学校
  • 少年
  • 文学部
  • 日の丸
  • 港区
  • 編集者
  • 編集長
  • 著書
  • 週刊少年ジャンプ
  • 配属
  • 集英社
  • 雑誌
  • 高等
  • 麻布
  • 人文学
  • 候補
  • 入社
  • 公務
  • 出身
  • 初代
  • 半年
  • 卒業
  • 名前
  • 家庭
  • 就職浪人
  • 幼年
  • 廃刊
  • 文学
  • 日本
  • 漫画
  • 異動
  • 青年