生年月日データベース

冲方丁うぶかたとう

作家[日本]

1977年 2月14日 生 (満41歳)

冲方 丁(うぶかた とう、1977年2月14日 - )は、日本の小説家、脚本家。
日本SF作家クラブ会員。
本名は藤野峰男。
1977年、岐阜県各務原市生まれ。
4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。
その後、埼玉県立川越高等学校に入学。
1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。
早稲田大学第一文学部中退。
小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
日本SF作家クラブ会員。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。
『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
家族は妻と息子と娘の4人家族。
自宅は福島県福島市にあるが、2011年3月11日に発生した東日本大震災により母と妹夫婦の住む北海道池田町に避難した。
しかし現在は福島に戻っている。
2014年7月17日、自身の作品の二次創作を一定のルールの下で全面解禁することをブログ上で発表した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本の小説家、脚本家。1977年、岐阜県生まれ。幼少期をシンガポール、次いでネパールで過ごし、中学2年生の後半に帰国。96年、早稲田大学在学中に『黒い季節』(角川書店)で第1回スニーカー大賞金賞を受賞し作家デビュー。ゲームシナリオ・マンガ原作・アニメ制作の分野でも活躍しつつ、2003年『マルドゥック・スクランブル』(早川書房)で第24回日本SF大賞を受賞。同作は11年まで5作発表されるシリーズとなり、マンガ化、劇場アニメ化された。09年、初の時代小説『天地明察』(角川書店)で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、直木賞候補となる。同作は12年に実写映画化された。12年『光圀伝』(角川書店)で第3回山田風太郎賞を受賞。14年10月から始まる人気テレビアニメ「PSYCHO-PASSサイコパス2」(フジテレビ系列)ではシリーズ構成を担当する。 (2014-6-25) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 概要
  • 作品
  • アニメ
  • アンソロジー
  • クラブ
  • ゲーム
  • シンガポール
  • テレビ
  • ネパール
  • ノンフィクション
  • ペンネーム
  • ラジオ
  • リスト
  • 作風
  • 共著
  • 出演
  • 原作
  • 収録
  • 各務原市
  • 小説
  • 岐阜県
  • 漫画
  • 由来
  • 評論
  • 会員
  • 作家
  • 日本