生年月日データベース

佐伯順子さえきじゅんこ

比較文化学者[日本]

1961年 2月14日

佐伯 順子(さえき じゅんこ、1961年2月14日 - )は、日本の比較文化学者。
同志社大学教授。
博士(学術)(東京大学、1992年)(学位論文「近代化の中の男と女 -『色』と『愛』の比較文化史」)。
祖母は能楽師の兼田節子、母はオブジェ作家の佐伯統子。
東京都生まれ、関西育ちで、箕面市立南小学校、神戸女学院中等部、東京学芸大学附属高等学校卒。
学習院大学で堀越孝一にホイジンガを学び、東大大学院では演劇研究を志して高橋康也に師事するが、修士論文『遊女の文化史』を刊行、以後は芳賀徹を師と仰ぐ。
能、歌舞伎のような芸能を中心として日本文学全般に詳しく、泉鏡花や樋口一葉に関する著書を出している。
なお、学生時代にはカブキロックスの前身バンド「KABUKI ROCK 一番屋」に所属して能管を担当していた。
また自衛隊に体験入隊した経験もある。
しかしその「聖なる遊女」論は、ユング心理学の一派である娼婦原型を用いたものとして、小谷野敦から繰り返し批判されている(『江戸幻想批判』『日本売春史』)。

■ 関連書籍

連想語句
  • 役職
  • 中学部
  • 共編
  • 兼職
  • 単著
  • 受賞歴
  • 女学院
  • 学内
  • 学外
  • 小学校
  • 市立
  • 東京大学
  • 東京都
  • 神戸
  • 箕面
  • 著書
  • 訳書
  • オブジェ
  • 佐伯
  • 作家
  • 学位
  • 学部
  • 文化
  • 比較
  • 統子
  • 論文
  • 近代化
  • 関西
  • 高等