誕生日データベース

海野義雄うんのよしお

バイオリン奏者[日本]

1936年 2月14日

海野 義雄(うんの よしお、1936年2月14日 - )は、日本のヴァイオリニスト。
東京都出身である。
本名、海野良夫。
ヴァイオリン独奏者として江藤俊哉と双璧をなす存在と言われた。
生い立ち ヴァイオリニストの父(海野次郎)とピアニストの母にヴァイオリンの英才教育を受け、青山学院高等部を経て、1954年、東京芸術大学に入学、鷲見三郎、兎束龍夫、ヴォルフガング・シュタフォンハーゲンに師事し、1958年、同大学を首席卒業した。
同年12月、ヴィルヘルム・ロイブナー指揮のNHK交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演し、1959年、23歳の若さでNHK交響楽団のコンサートマスターに抜擢され、また、NHK弦楽四重奏団を主宰し演奏活動をしていた。
1962年、N響による小澤征爾ボイコット事件に際しては「あいつは耳がわるい」と小澤を批判し、小澤排斥の急先鋒に立っている。
ヨーロッパ留学と演奏活動 1963年にベルリンに留学し、ミシェル・シュヴァルベに師事。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 東京芸術大学
  • ヨーロッパ
  • レコーディング
  • ヴァイオリン
  • ヴィルトゥオーゾ
  • 審査
  • 教職
  • 東京
  • 楽器
  • 江藤俊哉
  • 活動
  • 海野
  • 演奏
  • 留学
  • 青山学院
  • 高等
  • ピアニスト
  • ヴァイオリニスト
  • 入学
  • 双璧
  • 次郎
  • 独奏者
  • 良夫
  • 英才教育