誕生日データベース

鮎川哲也あゆかわてつや

推理小説作家[日本]

1919年 2月14日

鮎川 哲也(あゆかわ てつや、1919年2月14日 - 2002年9月24日)は、日本の小説家。
本名、中川 透(なかがわとおる)。
東京府に生まれ、大連に育つ。
拓殖大学商学部卒。
アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』『人それを情死と呼ぶ』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表。
ほか『りら荘事件』『死者を笞打て』などの長編小説や多数の短編小説、さらにはアンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。
1919年2月14日、東京府巣鴨に生まれた。
父が南満州鉄道地質調査所の測量技師となったため、小学3年生のときに一家で満州大連に移り住み、旧制中学を卒業するまでここで過ごした。
東京の音楽関係の上級学校に進学するが、肋膜炎を患い退学し満州に戻る。
1938年、拓殖大学予科に入り、商学部に進むが、病のため満州に戻ることが多かった。
この間に推理小説を読み始め、クロフツの『ポンスン事件』に影響され、『ペトロフ事件』を書きあげたが、原稿は引き上げの際に紛失してしまった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 長編
  • 短編
  • 警部
  • 鬼貫
  • 作品
  • アンソロジー
  • シリーズ
  • ジュブナイル
  • 中短
  • 中編
  • 主要
  • 事件
  • 全集
  • 小説
  • 拓殖大学
  • 星影
  • 東京
  • 番館
  • 龍三
  • りら
  • アリバイ
  • トランク
  • ペトロフ
  • リレ
  • リレー
  • 商学部
  • 多数
  • 大連
  • 大連市
  • 得意
  • 情死
  • 探偵
  • 推理
  • 新人
  • 本格
  • 死者
  • 発表
  • 編纂
  • 育成
  • 長編小説