誕生日データベース

中川一政なかがわかずまさ

画家歌人[日本]

1893年 2月14日

1991年 2月5日 死去享年99歳
中川一政 - ウィキペディアより引用
中川 一政(なかがわ かずまさ、1893年(明治26年)2月14日 - 1991年(平成3年)2月5日)は、東京府生まれの洋画家、美術家、歌人、随筆家である。
1893年 東京市本郷に生まれる。
1914年 巽画会展に出品した作品が岸田劉生に見出されて画家を志す。
1915年 草土社を結成。
1920年 初の個展(油彩)を開く。
1922年 小杉放庵らと「春陽会(しゅんようかい)」設立に参加。
1931年 水墨画の個展を開く。
1949年 神奈川県真鶴町にアトリエを構える。
1975年 文化勲章を受章。
文化功労者表彰。
1986年 母の故郷である石川県松任市(現白山市)に松任市立中川一政記念美術館(現 白山市立松任中川一政記念美術館)が開館。
1989年3月 真鶴町に真鶴町立中川一政美術館(設計 柳澤孝彦/第15回吉田五十八賞受賞、第33回BCS賞受賞)が開館した。
作品 洋画、水墨画、版画、陶芸、詩作、和歌、随筆、書と多彩な作品を制作した。
全てが独学であり自ら「在野派」と称した。
洒脱な文章でも知られた。
絵画作品 「漁村凱風」「薔薇」「箱根駒ケ岳」等。

■ 関連書籍

連想語句
  • 東京
  • 作品
  • 画家
  • 個展
  • 小杉放庵
  • 岸田劉生
  • 師事
  • 春陽
  • 本郷
  • 歌人
  • 水墨画
  • 油彩
  • 洋画家
  • 真鶴町
  • 神奈川県
  • 系譜
  • 美術家
  • 著作
  • 評伝
  • 随筆家
  • ようかい
  • 出品
  • 参加
  • 文京区
  • 画会
  • 結成
  • 草土
  • 設立