誕生日データベース

松村任三まつむらじんぞう

植物学者[日本]

(安政3年1月9日生)

1856年 2月14日

松村 任三(まつむら じんぞう、1856年2月14日〔安政3年1月9日〕- 1928年5月4日)は日本の植物学者。
東京帝国大学理学部植物学教室教授、付属小石川植物園の初代園長。
多くの植物標本を採取しソメイヨシノやワサビなど150種以上の植物に学名を付け、それまでの本草学と近代の植物学の橋渡しをした。
また、植物の分類のための植物解剖(形態)学という新しい学問を広めた。
門下生に牧野富太郎がいる。
だが次第に牧野を憎むようになり、講師であった牧野の免職をたびたび画策した。
位階勲等は正三位勲一等。
現在の茨城県高萩市出身。
同市にあるかやぶきの生家は2012年12月10日の火災によって全焼した。
1856年、常陸国多賀郡下手綱村に、常陸松岡藩の家老の長男として生まれる。
1861年、数え6歳にして、水戸藩主の前で四書五経の素読を行う。
1870年、藩の貢進生に選ばれ、大学南校(後の東京開成学校、東京大学の前身)に入学。
1876年、東京開成学校退学。
1877年、東京大学小石川植物園に奉職し、矢田部良吉教授の助手となる。

■ 関連書籍

  • タイトル
    世界的植物学者 松村任三の生涯
    著者
    長久保片雲
    発売元
    暁印書館
    発売日
    1997-08
    新品価格
    ¥ 6,293 より
    中古商品
    ¥ 3,706 より
  • タイトル
    植物名彙 (後編)
    著者
    松村任三
    発売元
    丸善
    発売日
    1922
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 9,800 より
  • タイトル
    植物名彙 (前編)
    著者
    松村任三
    発売元
    丸善
    発売日
    1922
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 9,990 より
  • タイトル
    植物講話
    著者
    松村任三
    発売元
    早稲田大学出版部
    発売日
    1906
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 5,000 より
  • タイトル
    植物名彙
    著者
    松村任三
    発売元
    丸善
    発売日
    1895
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 49,907 より
  • タイトル
    植物学教科書
    著者
    松村任三
    発売元
    三省堂
    発売日
    1893
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 4,000 より
  • タイトル
    植物名彙
    著者
    松村任三
    発売元
    丸善
    発売日
    1895-01-01
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 3,869 より
  • タイトル
    植物採集便覧
    著者
    松村任三
    発売元
    大日本図書
    発売日
    1900
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 49,980 より
  • タイトル
    溯源語彙
    著者
    松村任三
    発売元
    発売日
    1921
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    新撰植物図編 (第1編 第1集-第3編 第6集)
    著者
    松村任三
    発売元
    丸善
    発売日
    1917
    新品価格
    より
    中古商品
    より
連想語句
  • 植物
  • 植物学
  • ソメイヨシノ
  • ワサビ
  • 位階
  • 勲等
  • 学名
  • 授章
  • 授賞
  • 本草
  • 東京大学
  • 栄典
  • 牧野
  • 牧野富太郎
  • 茨城県
  • 著作
  • 解剖
  • 高萩市
  • かやぶき
  • それまで
  • 三位
  • 付属
  • 免職
  • 全焼
  • 出身
  • 分類
  • 初代
  • 勲一等
  • 同市
  • 園長
  • 多く
  • 大学
  • 大学院
  • 学問
  • 学者
  • 小石川
  • 帝国
  • 形態
  • 採取
  • 教室
  • 教授
  • 東京
  • 標本
  • 橋渡し
  • 火災
  • 現在
  • 理学
  • 理学部
  • 生家
  • 画策
  • 講師
  • 近代
  • 門下生
  • 附属