生年月日データベース

片岡健吉かたおかけんきち

政治家[日本]

(天保14年12月26日生)

1844年 2月14日

片岡健吉 - ウィキペディアより引用

片岡 健吉(かたおか けんきち、天保14年12月26日 (旧暦) 12月26日(1844年2月14日) - 明治36年(1903年)10月31日)は、幕末・明治期の政治家。
土佐国(現高知県)出身。
父は片岡俊平、母は渋谷氏の娘幸。

土佐藩士として戊辰戦争に参戦し、会津若松城攻めで功績があり、中老・権大参事となった。
維新後は政府に出仕し、明治4年(1871年)から2年間ロンドンに留学。
帰国後に海軍中佐となるが、征韓論に敗れて辞任し、高知に帰る(明治六年政変)。
明治7年(1874年)、板垣退助・植木枝盛・林有造らと共に立志社 (政治団体) 立志社を創設し、初代社長となる。
明治12年(1879年)には高知県会の初代議長となった。
だが、1ヵ月後に県会議員選挙の制限選挙制に反対して由比直枝・尾崎要・小谷正元と共に辞職した。

■ 関連書籍

かたおかけんきち [生]天保14(1843).12.16.土佐,高知[没]1903.10.31.高知政治家。明治1(1868)年奥羽征討の軍に参加したが,同4年欧米視察におもむき,1873年帰国。74年立志社を代表して自由民権運動に参画,次第にその指導的地位を固める。彼の特徴は自由民権運動の精神的支援をキリスト教に求めたことで,85年長老派の宣教師ナックスより受洗,同時に設立された高知教会を背景に活動。87年保安条例によって退去を命じられたが,従わなかったため一時投獄された。89年衆議院議員に当選,自由党員として活動,同議長にも選ばれた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 年期
  • 四位
  • 土佐
  • 家族
  • 戊辰
  • 戦争
  • 政治家
  • 明治維新
  • 栄典
  • 武士
  • 洗礼
  • 活躍
  • 相続
  • 自由民権
  • 衆議院
  • 補注
  • 議長
  • 跡目
  • 関連
  • 日付
  • 日本
  • 旧暦
  • 明治
  • 運動