生年月日データベース

水口栄二みずぐちえいじ

プロ野球選手[日本]

1969年 1月9日 生 (満49歳)

水口栄二 - ウィキペディアより引用

水口 栄二(みずぐち えいじ、1969年1月9日 - )は、愛媛県出身の野球指導者。
元プロ野球選手(内野手)。
愛媛県立松山商業高等学校(松山商)3年生時代の1986年に主将として出場した第68回全国高等学校野球選手権大会で、1大会における安打最多(19安打)を記録。
また、現役選手時代には日本プロ野球歴代7位の通算279犠打を記録。
そのうち大阪近鉄バファローズに在籍した14年間では、同球団史上最多の通算261犠打を記録。
1997年にシーズン最高記録の42犠打を樹立したほか、2001年・2004年にもパシフィック・リーグの最多犠打を達成している。
学生時代 松山商業高校から早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に進学。
松山商時代の1986年には、主将としてチームを夏の甲子園で準優勝に導いた。
水口自身も、前年の大会で佐藤勝実(宇部商業高校)が記録した大会最多安打記録(15安打)を大幅に更新する19安打を放つと共に、同じく前年の大会で清原和博(PL学園)が記録した大会最多塁打記録(27塁打)にも並んだ。

プロ野球選手(内野手)・指導者。背番号は32→10→7。 1969年1月9日生まれ、愛媛県出身、A型、右投げ右打ち。 松山商業高校→早稲田大学を経て1990年ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。 松山商時代は近鉄でもチームメイトだった佐野重樹と共に1986年の夏季甲子園大会準優勝に貢献した。 1994年以降、レギュラーに定着しいてまえ打線のつなぎ役として2001年の近鉄優勝時に活躍した。 2007年、現役引退。 2008年、オリックス・バファローズの打撃コーチに就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 記録
  • プロ野球
  • 学校
  • 犠打
  • 高等
  • 大会
  • 最多
  • 選手
  • 野球
  • コーチ
  • パシフィック
  • リーグ
  • 全国
  • 八幡浜市
  • 内野手
  • 商業
  • 大阪近鉄バファローズ
  • 学生
  • 愛媛
  • 愛媛県
  • 日本
  • 松山
  • 県立
  • 近鉄
  • 通算
  • 選手権
  • えいじ
  • みずぐち
  • オリックス
  • シーズン
  • 主将
  • 個人
  • 全国大会
  • 出場
  • 出身
  • 史上
  • 右打
  • 右投
  • 在籍
  • 安打
  • 最高
  • 松山商
  • 栄二
  • 樹立
  • 歴代
  • 水口
  • 現役
  • 球団
  • 達成
  • 高校