生年月日データベース

大林宣彦おおばやしのぶひこ

映画監督[日本]

1938年 1月9日 生 (満80歳)

大林 宣彦(おおばやし のぶひこ、1938年1月9日 - )は、日本の映画監督。
撮影所システムで育った映画監督ではないとの理由から本人は「映画作家」と称している。
広島県尾道市東土堂町生まれ。
尾道北高校卒業、成城大学文芸学部中退。
2006年(平成18年)4月から尚美学園大学大学院芸術情報学部情報表現学科名誉教授。
2007年(平成19年)4月から倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科客員教授。
2014年(平成26年)4月から長岡造形大学客員教授。
妻は映画プロデューサーの大林恭子。
長女の大林千茱萸(ちぐみ)は「映画感想家」と称して執筆活動をする一方で映画製作にも参加しており、その夫は漫画家の森泉岳土。
劇作家・演出家の平田オリザは甥にあたる。
自主製作映画の先駆者として、CMディレクターとして、映画監督として、日本の映像史を最先端で切り拓いた"映像の魔術師"。
生い立ち 父方は尾道で六代、母方も代々続く医家の長男として生まれる。
父は福山市金江町の出身で、尾道市医師会長や尾道市教育委員長を歴任。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 大林
  • 映画
  • 学部
  • 平成
  • ブログ
  • プロデューサー
  • プロフィール
  • 倉敷芸術科学大学
  • 学科
  • 客員
  • 尚美学園大学
  • 尾道
  • 尾道市
  • 平田オリザ
  • 恭子
  • 成城大学
  • 教授
  • 東土堂町
  • 森泉
  • 漫画家
  • 監督
  • 自主
  • 芸術
  • 茱萸
  • 製作
  • 長岡造形大学
  • ちぐ
  • メディア
  • 一方
  • 中退
  • 先駆者
  • 劇作家
  • 北高
  • 卒業
  • 参加
  • 名誉教授
  • 執筆
  • 大学院
  • 学校
  • 広島
  • 感想
  • 文芸
  • 映像
  • 活動
  • 演出家
  • 県立
  • 表現
  • 長女
  • 高校