生年月日データベース

リチャード・ニクソンRichard Milhous Nixon

アメリカ合衆国第37代大統領[アメリカ]

1913年 1月9日

1994年 4月22日 死去享年82歳
リチャード・ニクソン - ウィキペディアより引用

リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon, 1913年1月9日 - 1994年4月22日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。
下院議員、上院議員、第36代副大統領、第37代大統領を歴任。
デューク大学ロースクール卒業後、弁護士として活躍した後、1946年に共和党の政治家に転身。
下院議員、上院議員を経て、1953年よりドワイト・D・アイゼンハワー政権で副大統領を務めた。
1960年の大統領選挙ではジョン・F・ケネディに敗れたが、1968年の大統領選挙で勝利し、第37代大統領に就任した。
ベトナム戦争からのアメリカ軍の完全撤退を実現し、当時東西対立の時代にあってソビエト連邦とのデタント(緊張緩和)を実現し、世界があっと驚いた中華人民共和国の訪問など積極的なアメリカ外交を展開した。
また国内経済が高い失業率・インフレ・不況とドルの信認低下の状況の中で突然ドルの金交換停止・輸入課徴金制導入・物価賃金凍結などの思い切った政策転換を発表(ニクソンショック)してドルの切り下げをアメリカの強いリーダーシップで実施し新しい国際通貨体制の確立に尽力した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Richard Milhous Nixon (1913年〜1994年) アメリカ合衆国第37代大統領(共)。在任1969年〜1974年。 良くも悪くも権力政治家のアーキタイプ。誇張して言うならば、田沼意次やタレイランの現代版。 アイゼンハワー政権で副大統領を務める。ジョン・F・ケネディとの大統領選挙に敗れ、さらにカリフォルニア州知事にも落選。が、ベトナム戦争中に大統領に当選。 以後、リアリストとしての手腕を発揮、ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャーを登用してベトナムからの撤退、中国(中共)との国交樹立、金本位制の停止(ニクソン・ショック)などを行った。が、同時に極めて腐敗した体質も持つ政権であり、再選後、民主党本部盗聴事件(ウォーターゲート事件)によって辞任に追い込まれた。 ※別表記:リチャード・M・ニクソン (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 大統領
  • 時代
  • 弁護士
  • 政治家
  • 議員
  • 選挙
  • アイゼンハワー
  • アメリカ
  • スピーチ
  • チェッカーズ
  • フィート
  • 上院
  • 下院
  • 副大統領
  • 台所
  • 合衆国
  • 幼少
  • 概要
  • 海軍
  • 論争
  • 関係
  • 青年