生年月日データベース

岩崎弥太郎いわさきやたろう

実業家、三菱財閥 創業者[日本]

(天保5年12月11日生)

1835年 1月9日

1885年 2月7日 死去享年51歳
岩崎弥太郎 - ウィキペディアより引用

岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、天保5年12月11日(1835年1月9日) - 明治18年(1885年)2月7日)は、日本の実業家。
三菱財閥の創業者で初代総帥。
明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。
諱は敏(後に寛)、雅号は東山。
別名を土佐屋善兵衛。
彌太郎とも書く。
生涯 土佐国(現在の高知県安芸市)の地下浪人・岩崎弥次郎と美和の長男として生まれる。
幼い頃から文才を発揮し、14歳頃には当時の藩主・山内豊熈に漢詩を披露し才を認められる。
21歳の時、学問で身を立てるべく江戸へ遊学し安積艮斎の塾に入塾するが、安政2年(1855年)、父親が酒席での喧嘩により投獄された事を知り帰国。
父の冤罪を訴えたことにより弥太郎も投獄されるが、この時、獄中で同房の商人から算術や商法を学んだことが、後に商業の道に進む機縁となった。
出獄後、村を追放されるが、当時蟄居中であった吉田東洋が開いていた少林塾に入塾。
後藤象二郎らの知遇を得る。
東洋が参政となるとこれに仕え、藩吏の一員として長崎に派遣されるが、公金で遊蕩したことから半年後に帰国させられる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

いわさきやたろう [生]天保5(1834).12.11.土佐[没]1885.2.7.東京明治初期の実業家,三菱財閥の創設者。父は土佐藩の郷士。弥太郎は後藤象二郎の推挙を得て藩営の商社,開成館に勤務し,維新の戦役では大坂の土佐商会にあって藩の兵站を引受けた。廃藩置県に際し,同商会を継承して三菱商会を興し,徹底した商人的合理主義と排外的闘志をもって,政府ことに大隈重信の保護のもとに海運界で独占的地位を築き,さらに鉱山,造船,海上保険にも進出した。もっとも彼の独占は言論界の批判と反三菱,反改進運動を激化させ,三井系の海運会社である共同運輸会社の設立と挑戦という事態を招いた。彼は屈せずに競争し,政府による調停の成立を聞きつつ死亡した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 三菱
  • 商会
  • 九十九
  • 作品
  • 出兵
  • 出生
  • 台湾
  • 実業家
  • 家訓
  • 授章
  • 授賞
  • 政商
  • 日本
  • 栄典
  • 死去
  • 生涯
  • 系譜
  • 西南戦争
  • 財閥
  • 逸話
  • 開成
  • 関連
  • 雅号
  • 初代
  • 別名
  • 創業者
  • 動乱期
  • 善兵衛
  • 土佐
  • 巨利
  • 彌太郎
  • 明治
  • 有名
  • 東山
  • 総帥