誕生日データベース

山本おさむやまもとおさむ

漫画[日本]

1954年 2月16日

山本 おさむ(やまもと おさむ、1954年2月16日 - )は、日本の漫画家。
長崎県諫早市出身。
『ぼくたちの疾走』などの青春漫画路線から、『遥かなる甲子園』以降、聴覚障害者などを取り上げた作品を多く描くようになる。
こうしたテーマへの取り組みの意図は、エッセイ『どんぐりの家のスケッチ- 漫画で障害者を描く』(1998年刊行)に読むことが出来る。
『遥かなる甲子園』では聾学校の野球部の子どもたちを、『わが指のオーケストラ』では日本のろう教育の歴史を描き、障害児教育へ一石を投じたものとして反響を呼んだ。
聾学校での重複障害の子どもたちを描いた。
『どんぐりの家』は第24回(1995年度)日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した。
この作品がきっかけで、2000年4月から特別支援学校に重複障害児のためのクラスが設けられることになった。

同作品は1997年に映画化され、社会的にも話題になった。
映画化にあたり、自ら脚本の執筆、総監督を行った。
第1回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した。
夭折した非凡の棋士村山聖の人生を基にした『聖-天才・羽生が恐れた男』を描くことになったきっかけは、妻(久木田律子)が村山と同じ病気を患っていたことであった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

「山本おさむ」と関連する人物

連想語句
  • 漫画
  • 概要
  • 作品
  • アクション
  • 教育
  • 甲子園
  • 障害者
  • ろう
  • アシスタント
  • リスト
  • 久木田律子
  • 双葉社
  • 巴里夫
  • 聴覚
  • 関連
  • すべて
  • どんぐり
  • ぼく
  • エッセイ
  • オーケストラ
  • スケッチ
  • テーマ
  • デビュー
  • 一人
  • 一石
  • 上京
  • 以降
  • 修業
  • 出版社
  • 刊行
  • 助手
  • 卒業
  • 反響
  • 名義
  • 唯一
  • 子供
  • 家庭
  • 山本
  • 意図
  • 日本
  • 本名
  • 歴史
  • 母子家庭
  • 疾走
  • 編集長
  • 聾学校
  • 路線
  • 運送
  • 野球
  • 障害
  • 青春
  • 高校