誕生日データベース

多岐川裕美たきがわゆみ

女優[日本]

1951年 2月16日

多岐川 裕美(たきがわ ゆみ、1951年2月16日 - )は、日本の女優・歌手。
東京都杉並区荻窪出身。
本名は大内 薫(おおうち かおる)。
山脇学園短期大学英文科中退。
ハーキュリーズ(2014年まで)トライストーン・エンタテイメント所属。
長女はタレントの多岐川華子。
元夫は阿知波信介。
  父は会社員、母は保険の外交員。
開進第二小学校~山脇学園中学校・高等学校卒業。
1974年、山脇学園短期大学在学中に東京駅近くでアルバイトをしていた時、『聖獣学園』のヒロインを探していた同作の監督・鈴木則文にスカウトされ、東映岡田茂社長の面談を受けて合格し女優となる。
芸名は同作の役名・「多岐川魔矢」の多岐川と、鈴木が偶然開いた女性週刊誌の中にあった懸賞の一等入選者の名を見て、その運を貰うことを思いつき、合わせて「多岐川裕美」とした。
同作で主演デビューしヌードも披露。
  本作以降、脱ぐことを拒否したが、東映実録ヤクザ路線の極北といわれる『仁義の墓場』(1975年)での主人公・石川力夫と破滅に向かうヒロイン役や『続・愛と誠』(1975年)での影の大番長・高原由紀役などで好演した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名多岐川裕美 性別女性 生年月日1951/02/16 干支卯年 出身地東京都 職種タレント・俳優・女優 プロフィール1951年2月16日生まれ、東京都出身の女優。1974年に映画『聖獣学園』でデビュー。その後、映画『仁義の墓場』『続・愛と誠』『けんか空手極真拳』、NHK『少年ドラマシリーズ「七瀬ふたたび」』などに出演し、美人女優の代名詞のような存在になる。そのほか、映画『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』『クロサワ映画2』『鬼平犯科帳』『地震列島』、舞台『大奥』『三婆』『宮廷女官チャングムの誓い』『草燃える』など多数出演。 代表作品日本テレビ『刑事バレリーノ』(2016)/テレビ朝日『相棒season14』(2016)/TBS『SAKURA~事件を聞く女~』(2014) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 俳優
  • 全集
  • アルバム
  • 杉並区
  • 荻窪
  • エンタテイメント
  • オリジナル
  • シングル
  • タレント
  • テレビドラマ
  • トライストーン
  • バラエティ
  • ラジオ
  • 出演
  • 山脇学園短期大学
  • 映画
  • 東京都
  • 活動
  • 番組
  • 紀行
  • 舞台
  • 華子
  • 阿知波信介
  • 音楽
  • ライブ
  • 中退
  • 元夫
  • 出身
  • 所属
  • 文科
  • 長女