生年月日データベース

木野花きのはな

女優[日本]

1948年 1月8日

木野 花(きの はな、本名;木野目 留美子、1948年1月8日 - )は、日本の女優及び演出家。
青森県出身。
吉住モータース所属。
青森県立青森西高等学校、弘前大学教育学部美術学科卒業。
身長160cm、血液型はA型。
人物・来歴 当初は彫塑で粘土を練って彫刻を制作していたが、自身の才能に限界を感じ、大学卒業後に中学校の美術教師となるが、現実の仕事とのギャップに悩んで1年で退職。
仕事のストレスで神経性胃炎や偏頭痛を患っていたが、ふと見つけた雑誌のページのアングラ特集を見て「これだ」と感じて演劇の世界へ飛び込む。
「学生気分を吹き飛ばし、3年後には教職に戻ろうか」と考えて活動を始め、1974年には女性5人とともに劇団青い鳥を結成し、アングラ演劇ブームの代表的存在となる。
1986年に退団。
同年に出演したCMでの亭主元気で留守がいいのセリフが新語・流行語大賞の銅賞を受賞し、注目される(共演したもたいまさこと雰囲気が似ていることも話題になった)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名木野花 性別女性 生年月日1948/01/08 干支子年 出身地青森県 身長160cm 靴のサイズ24cm 職種タレント・俳優・女優/文化人 プロフィール弘前大学教育学部美術学科を卒業後、中学校の美術教師となるが、1年で退職。上京して演劇の世界に入る。1974年に東京演劇アンサンブル養成所時代の仲間5人と、女性だけの劇団「青い鳥」を結成。翌年に旗揚げ公演を行い、80年代の小劇場ブームの騎手的な存在になる。1986年、同劇団を退団。退団後は、女優としてテレビ、映画、舞台で活躍、また演出家としても活動を展開。主な出演作は、NHK『どんど晴れ』、TBS『3年B組金八先生』『ヤンキー母校に帰る』『浅草ふくまる旅館』、フジテレビ『恋ノチカラ』、映画『理由』『明日の記憶』『嫌われ松子の一生』『素敵な夜、ボクにください』、舞台『花の紅天狗』『新・明暗』『しあわせのしっぽ』『りぼん』など。 代表作品NHK『連続テレビ小説どんど晴れ』(語り担当)(2007)/TBS『3年B組金八先生』(校長先生役)(2004)/TBS『浅草ふくまる旅館』(2007) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 番組
  • 青森
  • アニメ
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • テレビ朝日
  • テレビ東京
  • ドキュメンタリー
  • バラエティー
  • フジテレビ
  • モータース
  • 出演
  • 吉住
  • 学校
  • 学部
  • 弘前大学
  • 教育
  • 日本テレビ
  • 映画
  • 県立
  • 舞台
  • 西高
  • 卒業
  • 学科
  • 所属
  • 美術